フラトンのひとりごはんの味方

「一人でどこでご飯食べようかな」って思われた方に安くて美味しいおすすめのコスパの良いランチ・ディナーを紹介。きちんと自分の足で行ったお店のみ紹介。後は雑記。

口臭をお金をかけずに確実に消すための方法まとめ12選

口臭は時として凶器になります。可愛くても、イケメンでも口臭があるだけでかなりイメージが変わります。

 

Googleで検索しても宣伝や情報商材ばかりがひっかかるの面倒ですよね。そう思い、管理人のふらとんが色々試行錯誤した結果、ネットで調べつくし、知り合いの医者や看護師に聞き、自らも実践し有益だったもののみを厳選して紹介しようと思います。

 

口と体の両面から説明していきます。

 

1.歯磨きをする

f:id:huraton:20160120163906j:plain

当たり前すぎてこれをしていない人はいないとは思いますが、念のため書きます。磨き方も重要で小刻みに力を入れず、磨きましょう。ブラシをあてる箇所はコツがあり、歯と歯茎の間にいれるとよく汚れが落ちます。奥歯は特に汚れが落ちにくいので入念に行いましょう。

 

 

 

2.虫歯を治す

f:id:huraton:20150909193250j:plain

虫歯があると口臭の原因となるそうです。歯の健康にも良くないのですぐ治しましょう。

 

 

 

3.歯石除去をする

歯石は歯垢が固まったものです。普通ゴミが口についていれば臭くなりますよね。

それと同じです。歯ブラシでは歯石は取れないので1年に一回くらいは歯石を取りましょう。

 

場所によりますが、料金は1~3000円位でできます。歯石だけでなく歯の汚れも取ってくれますので一石二鳥です。歯周病予防にもなるそうです。

 

 

 

4.舌磨きをする

欧米人と比較し、舌磨きをしている日本人は少ないと思います。実は臭いの原因の大半は舌苔(ぜったい)です。管理人のふらとんは舌磨きを始めてから、舌を数日間磨かないと自分でも口臭が気になるほどになりました。

 

ドラッグストアやネット通販で買い、色々試した結果、あまり実用的なものはありませんでした。スイトローザやブラシ型のものなど。あとは舌を痛めてしまうものも多いです。ですがW1(ダブルワン)は舌も傷めず、汚れも良く取れてヘビロテしてます。

ただあくまで消耗品ですので3か月に一回くらいは変えましょう。上から下に動かすのが基本です。本当はもっと頻繁に替えないといけないはずだけど、もったいないからこのくらいにしている。。やりすぎると舌を痛めるのでご注意。5往復くらいがおすすめです。

 

 

 

 5.臭いの強い臭い食べ物は控える

f:id:huraton:20150909193828j:plain

特に臭い、にんにく、玉ねぎ、ねぎ、らっきょう、にらなどはなるべく控えましょう。特に生だとより強烈です。また牛肉なども臭くなる原因だとされています。

 

もし匂いの強いものを食べたらストレート果汁のりんごジュースかりんごを食べると一番効果的です。豆乳、牛乳、コーヒーなどいろいろ試しましたが、りんごが最強です。

 

 

6.乳酸菌を取る

胃腸が悪いと口臭だけでなく体臭にも影響しますので、食後に乳酸菌を摂取しましょう。食後以外ですと胃酸でせっかくの善玉菌が死滅してしまいます。摂取方法はヨーグルトなどでも良いですが、お腹が冷えたりカロリーが気になったり面倒ですので気軽に摂れるサプリがお勧めです。

 

 

 

 

7.電動ブラシを使う

私はもう5年以上は使ってますが、電動ブラシお勧です。実際に使ってから虫歯になりにくくなったり、歯石がたまりにくくなったりしました。歯もするのがわかります。つるつる感もものすごい。

 

おすすめは圧倒的にPanasonicのドルツです。

安定の日本メーカーというのと、他社と違い音波で汚れを取るため、歯茎を傷つけないからです。

 

なお、イオン機能は付いていないものでよいと思います。一回電動歯ブラシで磨き終わった後のつるつる感を体験するともう普通の歯ブラシには戻れないと思います。使って絶対損はないです。

 

 

 

8.マウスウォッシュをする

歯ブラシをした後に2日に一回ほど使用しましょう。唾液分泌や人体の影響上、ノンアルコールタイプがお勧めです。通常タイプだとそもそも辛すぎますし。

 

ただ唾液の量が減ったりするためやりすぎは注意です。「リステリントータルケアゼロ ノンアルコールタイプ」がお勧めです。

 

 

9重曹水でうがいをする

重曹数グラムを小さじ1杯を水200gくらいに溶かしうがいをすると口臭に聞くとされています。また食品としても摂取できるため安全です。口内炎や歯周病、虫歯もこの重曹水で予防できます。

 

一応口に入れるものですので、食用タイプにしましょう。お菓子などの料理にも使えるくらい安全なものです。「パックス重曹」がおすすめ。

こちらが詳しいです。

虫歯が自然治癒!?歯科医推奨の“重曹”マウスウォッシュがスゴイ!| アンチエイジング先生

 

 

 

 

10.胃が悪い場合は病院で検査を

f:id:huraton:20150909193419j:plain

大体は上記で治りますが、それでも匂いが気になる場合は病気の可能性が考えられます。私は胃酸過多で逆流性食道炎ぎみですのでアルタットカプセルなどの胃酸を抑える薬をちょくちょく飲んでおります。

 

 

 

11.糸ようじで歯間の汚れをとる

歯ブラシでは歯の間の汚れは取りきれません。歯間ブラシか糸ようじを一日か2日に一回取りましょう。一回はまると結構気持ち良いです。

 

色々試した結果デンターシステマのスティックタイプものを愛用しています。紐タイプだと手が汚れますが、スティックであれば手も汚れず使いやすく、汚れればすぐ捨てられますし。クリニカフロススティックがおすすめ。

 

 

12.ジェットウォッシャーを使う

パナソニックなどから出ているジェットウォッシャーを使うと普段の歯磨きではまず取れない歯間の汚れ(これが実は強烈に臭い)が取れます。少し高いですがお勧めです。歯の矯正をしている人がおすすめしていて見つけました。

アマゾンで見ていただければわかるのですが、評価もかなり良いです。

 

以上を実施すれば口臭に困ることはないと思います。口臭の原因の9割は口の問題らしいです。

 

特に舌磨きは口臭対策として1番重要です。ただし、磨きすぎると逆に傷ができ余計臭くなる恐れがありますのでご注意を。 

  

関連記事

薬なしで風邪を治す方法まとめ - 

アトピー完治16の方法まとめ〜生まれてからずっとアトピーだった私のおすすめ〜【前篇】 - 

当ブログに掲載されている画像等の無断転載は禁止です。 Copyright© 2014 フラトンのひとりごはんの味方 All Rights Reserved.