読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラトンのひとりごはんの味方

「一人でどこでご飯食べようかな」って思われた方に安くて美味しいおすすめのコスパの良いランチ・ディナーを紹介。きちんと自分の足で行ったお店のみ紹介。後は雑記。

「アボカフェ」神保町にある日本初のアボガド専門のカフェに1人で潜入

アボカフェ (avocafe)へ行ってみた

 
アボカフェというお店が東京の神保町にあります。何のお店かというと、名前の通りアボガドのカフェです。
日本で初めてのアボガド専門のカフェだそうです。全てのメニューにアボカドが入っています。
 

場所

場所は神保町駅または御茶ノ水駅を出て、マクドナルドの間の細い路地を左に曲がり入っていくと右手に看板が見えます。定食屋の「わがん」などがある通り。
そこの3階にあります。

f:id:huraton:20160318015956j:plain

 
一階からはエレベーターで3階にあがります。
 エレベーターにはこんな装飾が!

f:id:huraton:20160318022117j:plain

3階にあがり、お店のドアをあけると店員さんに「何名様ですか?」と聞かれ、
「1人です」と答える。(もう言い馴れた笑)
 
「カウンターかソファー席空いてるほうにどうぞ(ニコッ)」と言われる。
ソファー席があるのか。と感心しソファーを選ぶ。
 
見渡してみるとソファー席とテーブル、カウンター席がありました。広がるのはとてもウッディな空間。照明が少し暗めでゆっくりしやすそうです。
 
作りで実にカフェっぽい。BGMはハワイアン。
そしてやはりソファー席の落ち着きは凄いの一言です。
 
 

メニュー

f:id:huraton:20160318014759j:plain

日替わりが一番人気らしくこの時はガパオライスでした。日替わりは一番先に売り切れるようです。
 
ツイッターで日替わりのメニューがつぶやかれているのでどうぞ。他に定番メニューとして、アボガドスパム丼、タイカレーがあります。いずれも1000円ほど。
 
今回はアボカフェ一番人気の定番メニューと書かれた「やみつきスパム丼(Span bowl)」を選択。
 
 

徐々に着丼開始

オーダー後、ランチセットにつくスープが到着。春雨が主体で優しい味わい。

f:id:huraton:20160318015016j:plain

 

その後、待つこと10分しないくらいでお姉さんがお品を持ってきてくれました。

f:id:huraton:20160318015126j:plain

アボカドたくさん!アボガド専門店だけあってアボガドがたくさん載ってるよー!
 
そんなこんなでいざ実食。f:id:huraton:20160318020024j:plain
アボガドは程よく柔らかく、味付けのベースは和風で醤油ベース。
醤油を少し甘くした感じ。照り焼き味ですね。

 

卵をつぶすとよりマイルドになります。

f:id:huraton:20160318020140j:plain

ご飯はだいぶ柔らかく、おじやのような感じ。もしくはもち米かな?これは失敗ではなくもともとこういうものなんだと思います。ちょっと柔らかすぎるかなー。
 
タイで食べたマンゴーライス、通称カオニャオマムアンのよう。量はそんなに多くないです。
 
ランチタイムは食後にコーヒーか紅茶もつくので嬉しいですね。
 
店内は完全禁煙となっています。
 
お客さんの9割は女性です。やっぱり女性はアボカドが好きなんですね。
 
混み具合としては、どの時間も比較的安定的にお客さんが入っている模様。店員さんの丁寧も良いので一回行ってみることをおすすめします。
 

店舗情報

住所:東京都千代田区神田神保町1-2-9 ウエルスビル 3F
(神保町A5口から徒歩5分、御茶ノ水駅から徒歩6分)
営業時間:
[月~金]11:30~15:00(L.O.14:45) 18:00~22:30(LO:22:00)
[土日祝]12:00~15:00(L.O.14:45) 15:00~22:00(LO:21:30)

 

◆関連記事

当ブログに掲載されている画像等の無断転載は禁止です。 Copyright© 2014 フラトンのひとりごはんの味方 All Rights Reserved.