フラトンのひとりごはんの味方

「一人でどこでご飯食べようかな」って思われた方に安くて美味しいおすすめのコスパの良いランチ・ディナーを紹介。きちんと自分の足で行ったお店のみ紹介。後は旅行とかwimaxとか雑記を色々。

ドコモ光を新規で検討している人へ!プロバイダ・速度・工事費・料金をプロが徹底解説

フレッツ光からドコモ光に変える人、または引越しのときにドコモ光の新規・新設を検討している人向けの記事です。通信関連に対してプロの私が、おすすめのプロバイダや気になる速度、料金などを絶賛説明していきます!

ドコモ光のプロバイダ・速度・料金

↑ドコモといえば、きのこかなと思い、適当にきのこの写真を貼ってみた。。

 

ドコモ光とは

ドコモ光はその名前の通り、NTTドコモが提供している光回線です。厳密にはフレッツ光の回線を借りて、ドコモが代わりにお客さんに提供しています。

 

こうやって光回線を借りてお客さんに提供する会社は、光回線コラボなどと言われるのですが、このときプロバイダが不要の会社が多いです。プロバイダというのは、光回線を使えるようにするために、光契約とは別に契約する鍵みたいなものです。

 

車に例えると光回線が車本体で、プロバイダが鍵のようなものです。車があっても鍵がないと走れませんよね。

 

ドコモ光は、光回線コラボなのにもかかわらずプロバイダが必要な珍しい会社です。普通はプロバイダ料金は、光回線とは別にかかるのですが、ドコモ光は違います。実は良心的で、プロバイダ料金は、追加でかかりません。

 

つまり、毎月料金として光の回線料金のみがかかり、プロバイダ料金は発生しないため、お得に使うことができます。なお驚くことにドコモ指定のものだけでも、26種類のプロバイダーから選ぶことができます。

 

いまかからないと言いましたが、すみません。厳密に言うと一部だけ例外があり、26種類のドコモの指定プロバイダー以外を選んでしまうと、別途料金が発生することがあるため注意が必要です。必ず26種類のうちから選びましょう。

 

「プロバイダ26個って多くね?」「選ぶの面倒だわ!」

 

そう思った方、後で絞り倒しているのでご安心ください!

 

概要がわかってきたところで、実際の料金構成について見ていきましょう。 

 

まず大きなところからお話しすると、マンションと戸建でプラン・料金が変わります。ざっくり違いを説明↓ 

ドコモ光マンションタイプとは

アパートやマンションで利用する場合、「マンションタイプ」というプランになります。このマンションタイプというものであれば、どの地域に住んでいても、どの建物に住んでいても月額の料金は変わりません。

 

実はフレッツ光とかだと、マンションの戸数で料金が変わったりするんですよね。。

 

住む条件によって金額は変わりませんが、ただ選択するプロバイダによって料金が変わってきます。後ほど説明しますが、高いところと安いところで、せいぜい200円ほどの違いです。

 

 

ドコモ光ファミリータイプとは

戸建ての方がドコモ光を使用する場合は、こちらの「ファミリータイプ」というプランが適用になります。マンションタイプより毎月1,000円ほど高いです。

 

新規の場合、工事費が若干高くなる傾向にあります。新規とは、今までフレッツ光回線を引いたことがない人が、新たに光回線を引くことを指します。

 

 

ドコモ光の評判・口コミ

名前の通りNTTドコモが提供している光回線です。つまりどういうことか。あのドコモですので、サポートとや対応の良さはさすがで、こちらに関しては、良い評判や口コミが多いです。

 

またドコモ光契約者本人とその家族がドコモ携帯を使っていれば、各回線ごとに毎月割引になるキャンペーンがあります。ドコモ光セット割というやつです。「文字デカくしなくても知ってるわ」って?

 

このキャンペーンが非常に好評となっています。

 

ドコモ光セット割とは、光を1つ契約しているだけで、家族のスマホが各台数分割引がされるお得なキャンペーンです。

 

例えば、3人家族でみんなドコモのスマホだったら-1,410円×3人=-4,230円。

毎月4230円割引、2年だと合計101,520円も割引になるから大きいです!

※プランによって増減あり

 

ドコモユーザーは、金額的に入る価値はものすごくあります。

 

 

ドコモ光の通信速度

ただ回線速度については、人によってまちまちの反応をしています。速いという人もいれば、遅いという方もいます。ドコモ光の速度は、住んでいる場所や建物の環境によって大きく左右されます。

 

またプロバイダによっても速度が変わります。一般的には、マイナーな契約者が少ないプロバイダーのほうが空いていて、速度が速い傾向にあります。

 

これはドコモ光に限らず、光回線全体に言えることでもありますが、夜になると通信速度が落ちます。ただプロバイダによってその差の大きさは異なります。

 

ネット上では速度に関してこんな声が↓

 

マンションタイプだと基本的に、同じ棟に住む人同士で回線を分け合うことになるため、ネット速度が遅くなりやすいです。

 

逆に一戸建ての場合、一つの家ごとに光回線が引かれていて分け合う必要がないので、マンションタイプより断然速度が早いのが普通です。ただ料金はマンションタイプの方が毎月1,000円くらい安いです。

 

 

ドコモ光の月額料金

タイプA、Bはプロバイダ込みの料金です。

 

単独タイプを選ぶ人はほぼ皆無ですが、一応載せています。

ただ単独タイプは自分で別途プロバイダ料金・お申込みが必要なものになります。これにする人はほぼいないし、面倒です。高くて、登録も面倒なため全くお勧めしません。

 

マンションタイプ

ドコモ光プラン 月額料金 2年契約プランの料金
タイプA 5,200円 4,000円
タイプB 5,200円 4,200円
単独タイプ 4,800円 3,800円

 

 

ファミリー(戸建)タイプ

ドコモ光プラン 2年契約なしの月額料金 2年契約プランの月額料金
タイプA 6,700円 5,200円
タイプB 6,900円 5,400円
単独タイプ 6,500円 5,000円

 

ドコモ光プランには、タイプA、Bがあります。これは選ぶプロバイダ会社の違いです。例えばSo-netというプロバイダを選んだらAプランになりますし、@niftyを選んだらBプランになります。

 

この記事の下の方に、Aにはどういったプロバイダがあり、Bにはどんなものがあるか説明しています。

 

表で2年契約なしの場合と、ありの場合の両方を出しています。2年契約とは、公式サイトなどでは「2年自動更新型割引」と書いていますが、これはつまり2年契約のことです。

 

「2年契約してくれる代わりに、毎月の月額料金を安くしますよ」というものです。その代わり、2年更新のタイミング以外で解約したときは、違約金11,000円がかかります。

 

1年以上使う予定であれば、2年契約を結んだ方がお得です。またキャッシュバックの条件に2年契約が入っていたりするので(=2年契約で申し込まないとキャッシュバック特典がつかない)、その点でも2年契約がおすすめです。

 

 

ドコモ光のプロバイダの種類

それぞれのプロバイダを羅列します。

プロバイダA

f:id:huraton:20171105214854j:plain

 

 

プロバイダB

f:id:huraton:20171105214937j:plain

プロバイダBタイプのほうが、毎月の金額は200円ほど安くなります。

 

一通り並べてはみましたが、こんなにあっても選べないと思うので、これから厳選していきますね。

 

選ぶべきプロバイダの基準

接続方式で「V6プラス」というものがあり、これを使うと通信速度がかなり早くなります。それを現状使えるプロバイダにしたほうがネットがさくさくでストレスがたまらないです。

この中では

  • BIGLOBE
  • GMOとくとくBB
  • @nifty
  • IC-net

がV6プラスを使うことができます! 

老舗のBIGLOBE、GMOとくとくBB、@niftyあたりであればまず安心でしょう。

 

プロバイダによってキャッシュバックが異なる場合があり、ページの最後(「お得なドコモ光申し込みサイト」のところ)で解説していますのでそちらもどうぞ。

 

 

ドコモ光の工事費

工事費がかかるのは現在フレッツ光を利用していない方です。すでに利用されている方は、今の光環境をそのまま使えますので、工事費がかかりません。

 

ドコモ光マンションタイプの工事費

ドコモ光プラン 工事区分 工事費(一括) 工事費(分割)
ドコモ 光マンションタイプ 屋内配線を新設する場合 16,200円 12~60分割選択可能
屋内配線を新設しない場合 8,208円 12~60分割選択可能
派遣工事なし 2,160円 -

工事費はファミリータイプより安いです。マンションはたいていの場合、部屋まで光回線がきていますので、8,208円か2,160円のケースがほとんどです。

 

ただし新築分譲の場合は回線が入ってないかもしれないので、16,200円の可能性高いですね。

 

どの工事区分・金額になるかは、工事直前に電話で知らされます。それまでは一切分かりません。

 

ドコモ光ファミリー(戸建)タイプの工事費

ドコモ光プラン 工事区分 工事費(一括) 工事費(分割)

ドコモ 光ファミリータイプ

(戸建て)

屋内配線を新設する場合 19,440円 12~60分割選択可能
屋内配線を新設しない場合 8,208円 12~60分割選択可能
派遣工事なし 2,160円 -

新築一戸建てで買って、今まで一度も工事をしたことがない人は、19,440円かかることがほとんどです。過去に工事をしていれば、8,208円もしくは、2,160円で済むことが多い。

 

どの光回線でもそうですが、申し込んで工事の直前になると、自分がどの金額にあてはまるか知らされます。それまではいくら工事費がかかるかは確定できません。

 

 

ドコモ光の特典・キャッシュバック

ドコモショップや公式サイトではDポイント20,000円分。還元をやっています。ネット上では、これに追加でキャッシュバックをやっているところがいくつかあります。

 

 

お得なドコモ光申し込みサイト

特にキャッシュバック特典が多いサイトを見つけてきたので紹介しますね。

おすすめサイト①

 

必要手順

上記のURLを押した後、ページ右上の「お申し込み」ボタンよりWEBフォームに飛び、必要情報を入力しましょう。

 

キャンペーン詳細

①ドコモポイント20,000ポイント(ドコモ公式キャンペーン、条件:2年契約加入必要)

②キャッシュバック10,000円(条件:ひかりTVまたはスカパー加入必要)

※転用は10,000円ですが、新規は5,000円です。

※開通確認後に翌月末に振り込みをします。

③ドコモポイント10,000ポイント(関西の一部地域のみ)

 

ちなみに家電量販店でもポイント還元などをやっていたりしますが、不要なオプションをつけられたりして、結局高くつきますのでおすすめできません。ポイントや商品券より現金の方がおすすめですし。

 

ーーーーーーーーー

おすすめサイト②

GMOとくとくBBというプロバイダ指定です。

 

必要手順

上記のバナーを押した後、ページ右上の「お申込み」ボタンよりアンケートに答え、再度「お申し込み」を押した後、必要情報を入力しましょう。

 

キャンペーン詳細

①V6プラスという高速通信に対応した無線WiFIルーターを無料プレゼント

②ドコモポイント20,000ポイント(ドコモ公式キャンペーン、条件:2年契約加入必要)

③キャッシュバック10,500円(条件:ひかりTVまたはスカパー加入必要)

※転用は10,500円ですが、新規は5,500円です。

※「ドコモ光回線工事完了の翌月末日まで」にお送りいただいた指定の申請方法でのご申請を有効とし、申請月翌月末にご指定口座に振込

④ドコモポイント10,000ポイント(関西の一部地域のみ)

 

以上でした!また会いませう!

 

おすすめ記事

当ブログに掲載されている画像等の無断転載は禁止です。 Copyright© 2014 フラトンのひとりごはんの味方 All Rights Reserved.