フラトンのひとりごはんの味方

「一人でどこでご飯食べようかな」って思われた方に安くて美味しいおすすめのコスパの良いランチ・ディナーを紹介。きちんと自分の足で行ったお店のみ紹介。後は雑記。

神田・小川町おすすめランチ&ラーメン!ありのままに安くて美味いを求めて!

神田駅、小川町駅で、私が実際に行ったコスパ良しのお店を紹介します。ご飯ってひとりでいきづらい?いや、そんなことはありません。ひとりでも行きやすい店に厳選してお届けします!男性も女性も気にせずひとりランチ&ディナーサイコー!!わっしょい!!

 

随時更新していきます。

※2017年7月1日更新

 

では早速スタート!

 

東京カオマンガイ

神田の東京カオマンガイ外観

神田の東京カオマンガイチキンライス

■カオマンガイ並(690円)+ミニサラダとミニデザートのセット(100円)、サラダなどがついた+100円のセットがお得。

神田の人気シンガポールチキンライスのお店。

タイなどを中心とした東南アジアで最近人気を博しているシンガポールチキンライス。 ケチャップではなく、硬めに炊き上げられたお米の上に鶏肉が乗っているメニューです。 柔らかくゆで上げられた鶏肉はほんのりピンクで、まるで思春期に好きな子を見て、照れてつい赤くなってしまった少年少女のほっぺたのようだ。この鶏はももを使用しており、ジューシーでパクパクいけてしまう。しかし、茹でてあるため脂っこくないといういいとこ取り。

 

たれは複数の中から選ぶことが可能。どのたれも美味しいが、ここ、東京カオマンガイでは、珍しくレモン味のたれがある。非常に人気があり、さっぱりと食べたい時にはオススメだ。 辛いものを欲しているときは赤(辛口)があるし、まったり食べたいときは甘いタレの黒(甘辛)がある。  店内は広くはない。カウンター10席に、テーブルが15席ほど。接客は若い男性店員がメイン。しっかりしていた。

住所:東京都千代田区内神田3-7-8 サトウハウスビル 1F

アクセス:神田駅西口から徒歩1分、小川町駅A4口から徒歩9分

地図:東京カオマンガイ

営業時間:11:00~23:00

一人入りやすさ★★★★★(星5つ、星が多いほうが入りやすい)

男女比率=男6:女4

 

とんかつ69

神田とんかつ69外観

神田とんかつ69ヒレカツ定食

■ひれかつ定食(690円)

安くて美味しいトンカツ屋といえばとんかつ69。おそらく690円でとんかつが食べられるから六九という名前なんだと思う。

 

見た目が黄金色に輝いた厚めの衣は、口に含むとさっくりした食感。中のお肉はジューシー。もちろん、いい値段のいいお肉に比べると負けますが、この料金でこのとんかつであれば普段使いとして便利です。

 

お肉の量はどうやらロースカツ120g。ヒレカツ定食100gらしく小ぶり。多くはありませんが、たくさんはいらないけど、軽くとんかつを食べたい時にいいですね。ただ、ご飯・味噌汁のお代わりがセルフでできるらしい。お店の中央部分に炊飯器と味噌汁の鍋が置いてあるから自分で取りに来いってスタイルのよう。

 

とんかつのとなりには、玉ねぎのフライも付いてきます。味的には串カツについてくる玉ねぎみたいな感じで、これはこれで美味しい。

店内は食堂みたいな雰囲気で雑多ですが、清潔に保たれています。接客も優しくて居心地はいいです。笑顔でテキパキしていた。

住所:東京都千代田区神田小川町1-8-1 クレストビル B1F

アクセス:小川町駅B4出口徒歩2分、神田駅西口から徒歩9分

地図:とんかつ69(クリックするとGoogleマップに飛びます)

営業時間:11:00~16:00 17:00~21:30(土日祝は15時まで))

一人入りやすさ★★★★★(星5つ、星が多いほうが入りやすい)

男女比率=男9:女1

 

マニッシュ

神田マニッシュ外観

マニッシュ塩生姜らー麺in神田

■塩生姜らー麺(900円)+味玉(100円)

生姜を大量に使ったラーメンで有名なお店。地下一階にあり、かなり暗く秘密基地のような場所にある。店内は飲み屋のような雰囲気で薄暗い。 入り口にカバンを置いたり洋服をかける場所がある。

 

席に座ると机にメニューが置かれている。注文制なので口頭で注文。 待つこと5-10分。 着丼。油は結構多めで浮いている。 早速スープをすする。 生姜がしっかり効いて、塩ベースのスープにいい感じにミックスしている。生姜の辛味、苦味を抑えられていて、旨みがだけがいい塩梅で出ている。まるでSNOWで盛りに盛ったアイドルの写真のようだ。優しい味ならも、薄くはなくしっかり味がする。

 

麺は中太麺で少し固め。 具は鳥モモ肉、かいわれ、めんま、ねぎ。 鳥は出汁につけられた鍋に、低音処理して保存されている。ラーメンの注文を受けるたびそこから取り出して、切って提供している。見た目は、赤ちゃんの綺麗な肌にチークを塗ったみたいな色をしている。生姜ベースの出汁で煮込まれておりGood。

 

最後の方に気づきましたが、器の底の方に生姜が沈殿していたので、生姜感をより味わいたい人は、混ぜてみるとよいかもしれません。 生姜は国産生姜を使用しているらしくこだわりを感じる。 接客も丁寧なので再訪もありそう。特に寒い冬は重宝することでしょう。

 

席は7席ほどのカウンターのみ。 場所柄リーマンやOLが多い。 店員さんは男性一名、女性一名。 接客はかなり良さげ。 椅子はハイカウンターで女性がすごく座りづらそうだった。 この日は待ちが1名だったが5分ほどして座れました。

住所:東京都千代田区内神田1-9-10 光正ビル別館B1F

アクセス:神田駅西口徒歩4分、小川町駅B6出口徒歩8分

地図:マニッシュ

営業時間:(月-土)11:00~15:00(売り切れ次第終了)、日曜定休

一人入りやすさ★★★★★(星5つ、星が多いほうが入りやすい)

男女比率=男6:女4

 

神田ラーメン潮の外観

神田(黒)にほんいち醤油そば

■(黒)にほんいち醤油そば(870円)

メニューは主に2種類で「黒」と「白」。黒は煮干醤油ラーメン、白はポタージュ系鳥パイタン。 どちらも負けないくらいの人気。どちらも美味しいですが、今回は黒を紹介。

 

スタッフさんは元気で接客が丁寧です。 席は左右にそれぞれカウンター8席ほどと2卓ほどテーブル席があります。 椅子に座ると事前におぼんとおしぼりが用意されています。箱ティッシュも完備されている。 これで荷物置きとかがあったら完璧ですね。

 

お水はテーブルの上にウォーターサーバーがあるため自分でくむスタイルです。5分ほど待つと、注文した黒の登場です。 スープに煮干成分が固形で残っています。かなりの量は使っていることが見るだけでもわかります。

 

さっそくスープをいただくと、奥深い煮干パンチと醤油パンチが絶妙にミックスしている。例えるなら、ゴテンとトランクスがフュージョンして、強くなっちゃったみたいな感じ。 実は「潮」さんは普通のラーメンより魚介を倍の量を使用されているようです。どおりで煮干の風味、香りがしっかりしているわけです。醤油は上質な「日本一醤油」を使用。魔人ブウの飲み込みたくなるほどのスープでだから飲みきり注意ですわ。

 

麺はかなりのつるっつるで細い麺。周りを見ていると食券を渡す時に固麺で注文されている方が多かった印象。通常は麺量が茹で前150gですが、無料で200gに変更できます。

 

値段が高いこともあり具は始めからたくさん入っています。半熟卵、リーフ、玉ねぎ、しそ、豚チャーシュー、鴨肉。 この鴨肉が絶品で程よくレア感を出し、とても柔らかくこれだけでも立派な一品料理として出せるわ。。

住所:東京都千代田区神田淡路町2-4-4 アール神田淡路町B1F

アクセス:神田駅西口徒歩8分、小川町駅A3出口徒歩3分

地図:

営業時間:11:00~19:00(売り切れ次第終了)、日曜定休

一人入りやすさ★★★★★(星5つ、星が多いほうが入りやすい)

男女比率=男7:女3

 

とろ肉つけ麺 魚とん

f:id:huraton:20170701175602j:plain

f:id:huraton:20170701175615j:plain

■とろ肉カレーつけ麺(900円)

とろとろの豚肉とカレーつけ麺が食べられることで有名なお店「魚とん」。トロ肉カレーつけ麺が断然おすすめ。 もはやラーメンではないが、トロ肉カレー(ライス)もおすすめです。

 

つけ麺の麺は2種類。中太麺と平打ち麺がある。 中太はスタンダードの麺。無難な選択はこちらです。選ぶ人も多く8割以上が中太。しかしネット上ではでは平打ちを推している人が多い。写真は平打ちのものだが、ご覧の通りかなり太い。 そのため10分以上茹で時間を要する。 中太の倍はかかった。 うどんのような食感でコシが強く、モチモチ。つけ麺でここまで力強い麺は珍しい。噛むと小麦の味がすごいする。ただ、少し食べづらい。スルスルっと食べたい人は中太、コシのあるうどんのような極太麺を食べたいのであれば平打ちがいいと思います。

 

麺の上にはデデン!とお肉で覆われています。 お肉は箸で簡単にキレてとっても柔らかい。トロ肉という名前を裏切らないトロトロ感。もはや豆腐くらいやわらかいんじゃない?くらいな(盛りすぎ注意)。脂身も程よくある。 少し甘いタレでお肉は味付けがされています。  

 

つけダレのカレーは魚介豚骨にカレー粉を入れたもの。トロッとしていてピリ辛。カレー単体としても十分いけそうな味です。 中にはお肉やジャガイモがはいっている。 カレーのルーも美味しくピリ辛。 麺に濃厚に絡みつく。ちなみにカレー以外の普通のラーメンやつけ麺もあり、頼んでいる人も多数います。

 

店員は、店主のフィリピン女性と男性店員の2人。 このフィリピン女性店主がべっぴんさんで隠れファンも多そう。スタイルも良さそうです。少し片言ですが、元気もあり接客もしっかりしています。接客もけっこう丁寧。店内はカウンター10席くらいで広くはない。洋楽がかかっています。 

住所:東京都千代田区神田小川町1-7 神田小川町ハイツ1F

アクセス:神田駅西口徒歩8分、小川町駅B6出口徒歩2分。

地図:とろ肉つけ麺 魚とん

営業時間:11:00~18:00、土日祝定休

一人入りやすさ★★★★★(星5つ、星が多いほうが入りやすい)

男女比率=男9:女1

 

五ノ神水産

五ノ神水産in神田

五ノ神水産銀ダララーメンランチ(神田)

ラーメン銀だら絞り(780円)+味玉(100円)

魚介を贅沢かつ斬新に使用したラーメン、つけ麺で人気のお店です。

動物系の出汁をとっていないにもかかわらずかなり濃厚なスープです。食べた瞬間、魚の猛烈な出汁が、全身に駆け巡ります。さらに、スープの中にあおさが混じっていて、濃厚な魚に対し、さわやかさを演出します。スープ自体に魚の油が出ていて、食感はとろみがあります。

 

麺はストレートの中細麺。イメージとしては豚骨ラーメンの麺を太くした感じ。固めに茹でであり、サクサクとした食感。

メニューは他にもつけ麺や、季節限定で貝やウニを使ったものなど、珍しく貴重なものが多いです。こういった限定品も美味しいことがほとんどなので目が離せません。

 

飲食街とは離れていて、割と「こんなところに」という場所にあります。座席はカウンターだけでなく、テーブルもあるため複数人でも入りやすいです。

接客はすみません。印象に残っていません。 

住所:東京都千代田区神田多町2-9-6 田中ビル別館1F

アクセス:神田駅西口徒歩10分、小川町駅A1出口徒歩4分。

地図:五ノ神水産

営業時間:11:00~15:00 17:00~21:00、日曜定休

一人入りやすさ★★★★★(星5つ、星が多いほうが入りやすい)

男女比率=男8:女2

 

鶏ポタラーメンTHANK

鶏ポタラーメンTHANKトリポターナ

■トリポターナ(870円)。

木をベースとしたオシャレで落ち着いた雰囲気で、カフェっぽいオサレな外観。店内入って左手に食券機があります。メニューは ラーメン、つけ麺、トリポターナなどがあります。 ラーメンが一番定番ですが、個人的にはトリポターナがおすすめ。

 

買って直後に、店員さんが寄ってきてくれたので食券を渡す。 麺の固さを聞かれました。 バリカタ かため ふつう やわらかめ などがあるらしい。おすすめは固め。そして、席を案内され座る。 足元に荷物を入れることができて幅が大きめにとられているので入れやすい。

 

10分弱待っているとトリポターナが到着する。 女性が好みそうな美しいビジュアル。 黄色のスープはとろみがあり、ポタージュのようです。ざらみを少し感じるほど具材がスープにしみ出ています。 しかし味自体はそんなに濃くはありません。程よい甘さ、塩分でほっこりいただける一品。 香りが良いチーズがたくさん入っていて、スープと非常にマッチしている。チーズはパルミジャーノレッジャーノが贅沢に使われています。麺は細麺。。卵は味付けがほとんどなされていなく結構薄めだが、茹で加減はちょうど良い

 

ラーメン屋ではなかなか見られない、接客は出口まで見送ってくれる丁寧さ。女性一人でも入りやすいと思います。

住所:東京都千代田区神田錦町1-14-7 紅雪ビル1F

アクセス:神田駅西口徒歩7分、小川町駅B7出口徒歩2分。

地図:鶏ポタラーメンTHANK

営業時間:11:30~15:00 18:00~22:00(土曜は15時まで、日祝定休)

一人入りやすさ★★★★★(星5つ、星が多いほうが入りやすい)

男女比率=男7:女3

 

と色々載せてきましたが、美味しそうなあまり、あのフリーザ様も地球にきてしまうかもしれませんね。

 

「あれが地球だよ、パパ…」(なぜか本記事は一部ドラゴンボール調)。

 

お店は適宜追加・更新していきます。もしよかったらブックマークもどうぞ!

「おーっっほっほっほ」。フリーザでした。(いや違うだろ)

当ブログに掲載されている画像等の無断転載は禁止です。 Copyright© 2014 フラトンのひとりごはんの味方 All Rights Reserved.