フラトンのひとりごはんの味方

「一人でどこでご飯食べようかな」って思われた方に安くて美味しいおすすめのコスパの良いランチ・ディナーを紹介。きちんと自分の足で行ったお店のみ紹介。後は旅行とかwimaxとか雑記を色々。

格安SIMはLINEモバイルがおすすめ!携帯代が月9000円→2500円に!

先日ドコモのiPhone6sからLINEモバイルに乗り換えしました。

そのおかげで、毎月かかっていた携帯代金が9,000円からなんと2,500円に!

 

しかもドコモの時と変わらず、インターネットはすいすいで快適に使えています。私がなぜ数ある会社からLINEmobileにしたのか、そしてLINEモバイルのどこが他より優れているのかをお伝えします。

 

先に言っておくと、正直他のMVNOより圧倒的にオススメです。

 

 

まずはそもそものお話から

 

MVNO(格安SIM)とは

その前に一旦、格安SIM(カクヤスシム)についてよく知らないという方にお伝えします(知っている方は飛ばして読み進めてください。)

 

LINEモバイルは、格安SIM(MVNO)と言われています。格安SIMとは何かと言うと、大手通信会社から一部電波を借りてきて、安くお客さんに提供するというものです。

 

LINEモバイルのりかえ

電波は、スマホ本体に入っている小さいチップに反応して受信します。上の写真のようなチップがiPhoneなどに埋め込まれているんです。実は、このチップを入れ替えるだけで、別会社の電波に切り替わります。

 

ただ、ドコモ、au、ソフトバンクで売っている端末には、電波が入れ替わらないように、機種に強制的にロックをかけています。これを「SIMロック(シムロック)」と言います。

 

しかしSIMフリー端末というものがあれば、ロックがかかっていないため、SIM差し替えてしまえば別の携帯会社の電波が使えるのです。

 

ありがたいことに、最近では契約後一年するとSIMロックを解除することができるようになってきました。そうなんです。ロックにかかった端末も解除することができます。これを「SIMフリー化」などと言います。

 

例えば、今まではソフトバンクで購入した機種は、ソフトバンクでしか利用できませんでしたが、SIMフリーにすれば他のどの会社の電波でも使うことができます。

 

LINEモバイルがなぜおすすめなのか

格安SIMの数は膨大に登り、今は数十社あります。

有名どころでいうと、UQモバイル、楽天モバイル、Mineo、イオンモバイルなどがあります。この中でなぜLINEモバイルなのかお伝えします!

 

LINEモバイルは電波のエリアが広い

ドコモの電波を借りているため、Docomoと同じ広いエリア範囲がカバーされています。ドコモってだけでなんか安心ですよね。

 

LINEモバイルは通信速度が早い

他のMVNOに比べ、どの時間も満遍なく速度が出るし、マックスの時のスピードも早いです。これはかなりありがたい。

 

SNSの通信料がタダ

これは個人的にはものすごいありがたい。LINEモバイルはコミュニケーションフリープランを掲げていて、LINE、Facebook、Twitter、Instagramなどでかかるパケットがかかりません。これはLINEだけです。

 

LINEモバイルはLINEモバイル年齢認証ができる

LINEアプリのID検索をしたり、されたりするには年齢認証が必要です。大手携帯会社3社であれば、これができますが、格安SIMはできません。しかし、LINEモバイルだけは例外。大手と同じように認証可能です。

 

今ならLINEモバイルはいろいろお得!

実は今申し込むと結構お得な感じになっています。何がお得かというと、1つ目は初月の料金が無料。2つ目は契約事務手数料(3,240円)が0円ということ。これはネット限定です。

 

月額も安くなるからこれは非常に助かるやつですね。

 

使える機種には限りがある

ここまで乗せておいて申し訳ないんですが、LINEモバイルを申し込めるのはすべての人が対象というわけではありません。

 

使える人その1

今使っている機種がドコモのスマホで、そのままの端末でLINEモバイルを使ってもいいという方。LINEもドコモの回線を借りているため互換性があるため、利用可能です。

 

使える人その2

他社携帯だが、SIMロック解除ができる端末を使っていて、購入から101日以上経っている。iPhoneでいうと6sからが対象。Androidは下記を参照ください。

 

対象機種はこちら

Docomo:SIMロック解除の手続き | お客様サポート | NTTドコモ

au:SIMロック解除が可能なau携帯電話などの実装周波数帯一覧 | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au

SoftBank:SIMロック解除の一部受付条件変更のご案内 | 個人のお客さまへのお知らせ | お知らせ | モバイル | ソフトバンク

 

LINEモバイル 契約手順と使い方

MNP予約番号を取得する(乗り換えの方のみ)

一見難しそうに見えますが、とっても簡単です。

他社からの番号をそのまま(MNP)で乗り換えされる方が多いと思いますので、そちらの方法を説明します。

 

まず今契約している携帯会社に電話しましょう。乗り換える(MNPする)には転出番号という番号を転出元の会社からもらう必要があります。

 

・ドコモ「151」

・au「0070-75470」

・ソフトバンクは「*5533」

※いずれも9時~20時。契約中に携帯からの発信の場合。

 

MNP番号は、新しく契約する会社に伝える必要があります。番号を受け取った転出先の会社がのりかえ契約手続きを完了した時点で、番号は新しい方に移り、古い方は自動で解約になります。

 

番号を発行した段階では解約にはなりません(料金もかからない)。

 

契約手順

まずは、LINEモバイル公式サイトをクリック。

(※購入される方がほとんどネットでの申し込みが便利です。)

 

LINEモバイルのりかえ

 この画面になったら「申し込む」を選択。

 

LINEモバイルのりかえ

この画面になったらページの下に進む。

 

LINEモバイルのりかえ

するとこんな感じの画面になる。「上記事項に同意の上、申し込む」を押す。

 

LINEモバイルのりかえ

「通常申し込み」を選択し、「次へ進む」を押す。

 

 

LINEモバイルのりかえ

新しく番号を作りたい方、初めて携帯を持つ方は左の「新規番号での申し込み」。他社で使っていた番号をそのままLINEモバイルで使用したい人は右の「他社からの乗り換え(MNP転入)」を押す

 

 

LINEモバイルのりかえ

他社から乗り換える方のみこの画面が出ます。

ドコモやauなど転出元で確認した番号をここに入れましょう。

 

「転入予定電話番号」は番号そのままで移行したい携帯の番号を入れます。

 

LINEモバイルのりかえ

プランを選びます。9割以上の方は真ん中を選びます。左のLINEフリーはLINEと天気予報くらいしか使わない小さいお子さんや、シニアの方向けです。

 

 

インターネット検索を使うような方は、真ん中にしましょう。

 

真ん中のプランの料金一覧をまとめました↓

容量 データ通信+SMS データ通信+音声
3GB 1,110円/月 1,690円/
5GB 1,640円/月 2,220円/月
7GB 2,300円/月 2,880円/月
10GB 2,640円/月 3,220円/月

 

「データ+SMS」というのは、電話が使えずインターネットとショートメールが使えるものです。一般的には電話を使うかたが大半だと思いますので、「データ通信+音声」にしましょう!

 

その中で、5GBか、7GBにしておくと安心です。途中からでも、ネット上でプランは変えられますので、あまり考え込む必要はないでしょう。

 

LINEモバイルのりかえ

端末をLINEモバイルで買う方は左、すでに持っている方は右の「SIMカードのみ」を選択。ほとんどの方が右になります。

 

LINEモバイルのりかえ

SIMカードのサイズを選択します。iPhoneもAndroidもほとんどの方が一番左の「ナノSIM」です。iPhone4とか古いスマホだと真ん中になりますが、かなり少ないです。一番右はほぼないです。

 

LINEモバイルのりかえ

LINEモバイルで機種を買う方は、好きな機種を選んでください。padと書いてあるものはスマホではなく、タブレットなので注意してください。

 

という感じでどんどん進んでいくと、完了できます。とても簡単なので試してみてください。

 

申し込みが完了すると、最短翌日にsimカードが届きます。それを機種に差し込めば完了です。やりかたは送られてくる冊子をみれば誰でもできますので、ご安心ください。

 

LINEモバイル申し込みはこちらから!

 

■おすすめ記事

当ブログに掲載されている画像等の無断転載は禁止です。 Copyright© 2014 フラトンのひとりごはんの味方 All Rights Reserved.