読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラトンのひとりごはんの味方

「一人でどこでご飯食べようかな」って思われた方に安くて美味しいおすすめのコスパの良いランチ・ディナーを紹介。きちんと自分の足で行ったお店のみ紹介。後は雑記。

「ローストビーフ油そば」なるものを新宿歌舞伎町「ビースト」で喰らう!

ローストビーフ油そばというものを食べた事がありますか?

 

歌舞伎町の真ん中のかなり騒がしい通りを過ぎた場所にそのラーメン屋(油そば屋)があります。
 
百聞は一見に如かず。まず、その正体をお見せしましょう!

ロースト油そばビースト

油そばの上にピンク色のお肉がドンッと敷き詰められていて、何とも豪快な一杯。
 
店名は「ロースト油そばビースト」さん。いかにもジャンキーな名前。
新宿駅東口から徒歩5分のところにあります。この日は夜に伺いました。
 
 

店頭

ロースト油そばビースト

ロースト油そばビースト

看板がひときわ目立ちます。

 
 

店内

夜19時頃お店に入ると、25席中数席のみ空いている状況。
ミニテーブル4卓。カウンター10数席ほど。

ロースト油そばビースト

※店内写真を撮るのが恐いのでここから引用 http://www.localplace.jp/t100076365/photo

 
店員さんは元気系。いらっしゃいませ!!!が大声で飛び交う。若い歌舞伎町っぽいお姉さんに席に案内される。どうやら注文制のよう。
 
基本のメニューはローストビーフ油そば900円。基本、温泉卵をおすすめされる。おすすめに応じて付けてしまいました。。
 
また「玉ねぎ無料ですがお付けしますか?」と聞かれる。嫌いでなれけばもらっておきましょう。
 
提供までの待ち時間は比較的長め。10分近く待った気がします。
 
 

実食

待つことしばし、いよいよ到着。

ロースト油そばビースト

今回は肉の量を並にしたのに、想像以上にお肉が多くて嬉しい誤算でした。そばが隠れるほど。お肉の上には玉ねぎとクレソンが乗っています。

 
肉の増量は以下の通り
ダブル(140g)1300円
クイーン(200g)1700円
キング(450g)2400円
 
早速ローストビーフからパクリ。柔らかい!けっこう本格的なローストビーフですこれ。
 
肉をどかして麺を見ると縮れ太麺。味はまさに油そばの味。特別感はないですが普通に美味しい。

ロースト油そばビースト

 
次にラー油、お酢が卓上にあるのでかき回し入れていきます。ラー油はそこまで辛くないのでけっこう入れても大丈夫です。最低でも一周ぐるりと入れても余裕です。
 
あと、もらった玉ねぎのみじん切りもたくさん入れたほうが美味しいです。口が臭くなるのでそれは注意ですが。
 
たまに茎わさびも入れていくとピリ辛でアクセントになっていいです。
 
麺を食べ終わった後、追い飯(おいめし)というのが無料で貰えるので口頭で「追い飯下さい!」と言えばすぐもらえます。
量は小ライスの半分くらい。
 
それを油そばの余った汁に入れて混ぜ混ぜします。この時ラー油とか、玉ねぎ、あと胡椒とかを入れるとさらに美味しくなります。
 
他にはこんなメニューもあるみたいです。

ロースト油そばビースト

 
場所柄外国人も多く賑やかでした。夜も相当遅くまでやっているので便利そうです。最近歌舞伎町も変なキャッチが減ってきているので比較的気楽に来れるようになったと思います。たぶん。

ロースト油そばビースト

 

店舗情報

住所:東京都新宿区歌舞伎町2-37-2 鈴木ビル 1F
アクセス:新宿駅東口徒歩5分、西武新宿駅徒歩3分
営業時間:11時~翌朝8時(L.O.7:30)

 

当ブログに掲載されている画像等の無断転載は禁止です。 Copyright© 2014 フラトンのひとりごはんの味方 All Rights Reserved.