読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フラトンのひとりごはんの味方

「一人でどこでご飯食べようかな」って思われた方に安くて美味しいおすすめのコスパの良いランチ・ディナーを紹介。きちんと自分の足で行ったお店のみ紹介。後は雑記。

海外旅行前に円の両替をするときどこでするのがお得か調べてみた

海外に行くときについて回るのが両替。どうせ両替するなら安く済ませたい。

 

両替と言えば、日本国内で両替する方法と海外の現地でする方法がありますが、今回は国内でする場合のお話をしようかと思います。

 

国内でどこがお得かってか。先に結論を言ってしまいます。

「大黒屋」での両替です。

f:id:huraton:20161127160247j:plain

 

その理由をご説明する前に両替がてきる場所はどこがあるかまとめていきます。

 

 

銀行・郵便局での両替

f:id:huraton:20161127152802p:plain

両替と聞いて、一般的には銀行や郵便局を想像することが多いと思います。

 

メリット

色々な場所にある。安心感がある。インターネットでレートが見れるなどがあると思います。

 

デメリット

デメリットは営業時間が短い。平日9時から15時までのところが多いです。そして混む、待ち時間が長い。空港にいたっては最悪の混雑具合です。

 

また購入方法はバック販売です。パック販売とは金額がすでに割り振られ指定されているものです。例えば、300アメリカドルに両替するとなると、50ドル=3枚、20ドル=5枚、10ドル=4枚、1ドル=10枚という風にセットになったものしか購入できません。50ドル枚もあっても使い道は少ないです。

 

 

 

トラベラックスでの両替

トラべラックス店舗

メリット

クレジットカードが使えたり、自宅に郵送ができたり、キャッシュカードに振込が出来たりするのが便利です。あとあまり待ちがなく空いているのもよいです。次回使える割引クーポンもあります。朝9時-夜19時くらいまで営業しているお店が多いです。

 

デメリット

レートはあまり良くないです。銀行より悪かったりする。

 

トラべラックス店舗情報一覧

 

大黒屋での両替

大黒屋店舗

チケットの売買で有名な大黒屋。すべてではありませんが、両替できる店舗があります。

メリット

最大のメリットはレートが安いことです。基本的にどの銀行よりも空いて待ち時間は少ない。また好きなお札の枚数を自由に選ぶことが出来ます。細かいお金にできるのは海外旅行では非常に役に立ちます。理由は下記に記載。

 

なお基本的にどの店舗も土日もやっていて、営業時間が長いです。銀行みたいに平日昼間だけという事はありません。

 

デメリット

銀行と違い、ネットでレートが見れないこと。また、両替サービスがすべての大黒屋で扱っているわけではないこと。店舗がある町が限られていることです。

※一応先に補足ですけど、アメリカドルやユーロとか以外は現地(海外)で替えるほうがお得な事がほとんどです。

 

大黒屋外貨取り扱い店舗一覧

 

その他海外のお金関連おすすめ情報

海外に行く時、大きいお金は持って行かないほうがいいです、例えばユーロ。高額なものはみんなクレジットカードで買う風習があります。それゆえ日本と違いたいていのお店はクレジットカードが使えます。

 

また防犯上の理由でお釣りをあまり用意していないお店も多いため、50ユーロの使用を断られることもしばしば。

 

持っていて便利なのは5ユーロとか10ユーロとかです。私も両替するとき、5ユーロとか10ユーロを多めに、あとは20ユーロもある程度両替します。50ユーロは入れません。

 

そんな感じです。参考にしてみてね!※2017年1月15日更新

 

◆おすすめ記事

【国内・海外旅行】じゃらん、楽天トラベルなどホテル予約サイトおすすめまとめBEST6!

iPhoneおすすめ人気アプリまとめ【これは入れておきたい】

クレジットカード150種類以上比較した私がおすすめする高還元4つ!結局このカードだけ作れば問題なし 

風邪を1日でも早く治す方法まとめ12選!病院に行かずに治す【鼻水・喉の痛み・せきなど】

口臭をお金をかけずに確実に消すための方法まとめ12選 

おならの臭いをなくすまではいかないけどマシにする方法を書いていく 

当ブログに掲載されている画像等の無断転載は禁止です。 Copyright© 2014 フラトンのひとりごはんの味方 All Rights Reserved.