フラトンのひとりごはんの味方

「一人でどこでご飯食べようかな」って思われた方に安くて美味しいおすすめのコスパの良いランチ・ディナーを紹介。きちんと自分の足で行ったお店のみ紹介。後は旅行とかwimaxとか雑記を色々。

WiMAXルーターのおすすめ機種はW04、WX03、L01?

wimaxのルーターはどれを選んでも同じか。

 

いえ。選ぶ機種によってあなたのWimax人生は、大きく変わるかもしれません。この記事ではみなさんが後悔しないように、各Wimaxルータの特徴と、おすすめの機種をお伝えします。

 

ちなみに私は元々関連の通信会社で働いておりで、かつWImaxユーザーでもあります。

 

Wimax機種一覧表

まずは一覧表をご覧ください。 その後個々に詳しく説明していきます。

 

機種名

W04

wimax w04

WX03

wimax Wx03

L01

wimax home l01

W03

wimax w03

メーカー

HUAWEI

NEC

HUAWEI

HUAWEI

通信時間

10時間

12時間

常時電源
接続が必要

12時間

下り速度

最大440Mbps

最大440Mbps

最大440Mbps

最大370Mbps

通信電波

WiMAX2+
au4GLTE

WiMAX2+

WiMAX2+
au4GLTE

WiMAX2+
au4GLTE

重さ

140g

110g

493g

127g

大きさ

W130
H53
D14.2mm

W99
H62
D13.2mm

W93
H180
D93mm

W120
H62
D11.4mm

※下りとは受信速度、つまりダウンロード速度のことです。

※au4GLTE

 

W04

wimax w04

一番おすすめ。中国のファーウェイという会社が作っています。あまり聞いたことがないかもしれませんが、WiMAXやWi-Fiルーターを作る会社では結構な老舗です。

 

スマホもかなりたくさん手がけていて、大手メーカーのスマホを作っていたりもします。

 

特徴としては、バッテリーの持ちがかなり良い。auの電波(ハイスピードプラスエリア)も入ります。

 

外出時に持ち運びの可能性がある&auの電波も使えた方がいい、という方は確実におすすめ。

 

スマホのように縦型で操作でき便利。見た目もおしゃれのためおすすめです。何回か落としていますが、壊れる気配もありません。

 

WX03

wimax wx03

安定の日本製。NECか作っています。

軽くてバッテリーの持ちが良いです。

 

ただし使える電波は、WiMAX2+のみでauの電波は使えません。auの電波を使いたい方は、WX03は選択肢から外れます。

 

au4GLTEを使う人はあまりいませんが、念のためあったほうが安心ではあります。wimaxは2年契約と3年契約がありますが、3年契約の場合はauの電波の利用料が無料になります。 

www.huraton.com

 

L01

wimax home l01

家に置いておくタイプのWiMAX端末。今までの常識からすると斬新な発想です。

 

外に持ち運んで、スマホやPCなどに繋いで使う人には困るかもしれないが、家でのみ使う人にはとてもおすすめの製品。

 

おすすめの一つは、通信が安定していること。サイズが大きい分、電波をキャッチする力が強い。

 

また有線パソコンで2台つなげます。通常のWimaxだとクレードルが必要で、かつ1台しか繋げません。

 

さらにWi-Fiであれば、同時に20台接続できます。通常のWImaxは最大で5台までです。

 

ネットからの評判も上々だったりします。見た目も少しオシャレです。

 

ただし普通の利用方法でしか使わないという人は、W04かWX03がベターな選択肢です。

 

 

W03

wimax w03

W04のひとつ古い機種です。評判は非常に良い機種ですが、あえてW03を選ぶ理由はないです。旧端末のためすでに在庫がなくなっているところも多く、入荷待ちになっていますし。

 

 

まとめ

機種は決まりましたか?

最近のはどの機種も素晴らしいですが、正直W04にすれば確実に後悔はないと思ってます。

 

おすすめのプロバイダを比較しているのでこちらもどうぞ

www.huraton.com 

当ブログに掲載されている画像等の無断転載は禁止です。 Copyright© 2014 フラトンのひとりごはんの味方 All Rights Reserved.