PS4(PS3)やPCでオンラインゲームをするなら光回線・WiMAXどっちがいいか検証

PS4やPCでオンラインゲームをするなら光回線・WiMAXどっちがいいか検証

PS3、PS4、Nintendo SwitchまたはPCでこれからオンラインゲームを始めるときに、まず気にするのがインターネット回線で、その候補として光回線かWiMAXがあると思います。

 

本記事ではオンラインゲームをするにあたって、光かWiMAXのどちらがいいのか、速度の違いなどについて書いていきます!

 

※2017年12月28日更新

 

オンラインゲームに必要なインターネット速度は?

オンラインゲームに必要な速度は下り1Mbps、できれば2Mbpsあると良いです。建物やエリアの条件にもよりますが、光回線・WiMAXともに、この基準は満たしています。

※エリア外や通信制限、その他特殊な電波障害は除く。

 

 

光回線とWIMAXのインターネット速度

機種や住居環境などによって多少変わってきますが、理論値はざっくり

  • 光は100M~1Gbps
  • WiMAXは220Mbps~440Mbps

といった感じです。

 

ただ実際の速度となると、

  • 光が3M~50M
  • WiMAXは5M~30M

のところが多いです。

 

ただし「PING」という応答速度を表す数値があるのですが、それが光に比べてWiMAXは1/2~2/3程度しかありません。PINGが遅いことにより、ネットゲームのプレイ間に影響が出てしまうものがあります。

 

まずはWiMAXでPS4(PS3)をやる場合から比較していきますね!

 

ゲームソフト別にネット速度やラグを比較

ネットゲームの種類によってどれくらいの速度が必要か変わってきますので、プレイしてみた結果をまとめました。

※前提として電波がちゃんと入る、圏外でない場合で記載しています。

 

ちなみに、こちらから電波の検索とかもできます。

 

ファイナルファンタジー14・ドラゴンクエスト10でWiMAX

FF、ドラクエともにWiMAXでも問題なく動作しました。ラグもなく安定してプレイできています。光とWimaxの速度の違いが感じられません。FF、ドラクエなどの、これらのいわゆるMMORPGというジャンルはWiMAXでもプレイ上、全く問題ありません。

 

一応光回線でもFFを試してみましたが、当然のごとく余裕でプレイできました。

 

モンスターハンター(モンハン)でWiMAX

WiMAXをモンハンでもやってみましたが、問題なくできました!たまに若干遅くなるときもありましたが、プレイに支障が出ることはありませんでした。緊急回避が遅れることなく(いや、たまに遅れそうになった)、ティガレックスを余裕で討伐できました。

 

光回線ではもちろん、正常に作動。

 

スプラトーンでWiMAX

WiiU、Nintendo Switch系のゲームもみていきます!スプラトゥーンは、動きが多いのできついかなと思っていたのですが、意外といけました。イカは余裕で使えましたよ。ただ、スプラはガチマッチをしたときに少しだけ遅いとき(ラグ)がありました。

 

目安として、スプラトゥーン4時間プレイで1.5GBくらいの消費データです。

 

スプラトゥーンも光では問題なくプレイできました。

 

FPS系でWiMAX

いろいろな方も言っていますが、WimaxでFPSをやるのは正直けっこうきついです。スプラトゥーンよりかなりラグを感じます。、Wimaxだと普段よりだいぶ撃たれます。wimaxだと光に比べてPINGが遅いため、FPSのような高解像度の格闘ゲームはあまり向いているとは言えません。

 

光回線では、なぜか一瞬ラグがあったものの、正常に動作しました。

 

 

いろいろなオンラインゲームをWimaxでやった結果

FPSとか高解像度でリアルタイム性を強く要求されるオンラインゲームにはWiMAXは不向きですが、それ以外のPS4系のソフトは思った以上に光回線と変わりなくできています!昔よりWimaxの回線が安定して、かつ速度が上がっているからでしょう。

 

ただ、たまにネットのタイムラグが発生することがあるのは否めませんでした。

 

 

WiMAXでオンラインゲームをやるネックは通信制限だ!

WiMAXでオンラインゲームをやるネックは通信制限

光とWiMAXを比べるときに安定した回線品質も非常に重要ですが、他にも比較すべき観点があります。

 

それが通信制限。

 

光回線は、通信制限はない。ただしWiMAXは制限があります。どれくらいかというと、3日に10GBの通信制限があります!

 

3日で10GBということは、30日だと100GBまで使えることになります。ライトユーザーだと割と余裕はありますが、ヘビーにたくさんオンラインゲームをやる方であれば、けっこう厳しいと思います。

 

そもそもインターネット回線につなぐのはゲームだけではないはずですから、その点も考慮した方が良いと思います。

 

ちなみに補足ですが、WImaxのプランは「ギガ放題」にしてください。WiMAXには月額に7GBの制限がある「通常プラン(Flatツープラス)」と、月額の通信制限がない(3日10GBはある)、「ギガ放題」がありますが、ゲームをやる方は、必ず後者のギガ放題にしないと色々終わります。。

 

月額料金は、「ギガ放題」のほうが500円ほど高いだけで、月額7GBの制限が取っ払われるため、大多数の方はギガ放題を選びます。

Wimaxのプランはギガ放題かFlatツープラスどちらにすべき?

 

 

家族でWiMAXを使っている場合だとネットゲームはけっこう辛い

Wimaxは同時に複数のインターネット回線(だいたい10回線)を繋ぐことができます!

 

が、、オンラインゲームをやっている最中に、家族が高画質のYoutubeを見始めたらけっこうラグが出ることがあります。それとゲームのせいで通信制限にかかってしまったら、別部屋でネットに繋いでいる人に影響が出てしまいます。

WiMAXで同時に接続できる台数はいくつ? 

 

一人暮らしなら自分でインターネット回線を独占できるため、そういったラグが発生するリスクはなくて安心ですね。

引越しを機に一人暮らしでWiMAXを使ってみたら快適だったのでおすすめの会社やメリットをお伝えする 

 

 

速度制限のときでもオンラインゲームが可能か?

WiMAXは通信制限がかかっても、そこまで遅くなる回線ではありません。1Mbps弱で通信はできるため、Youtubeくらいなら見れます。

 

ただしオンラインゲームなかなか厳しいです。ネットのラグがけっこう発生してしまいますので、長時間やる人は光回線の方がいいでしょう。

 

光回線のおすすめ記事はau光ソネット光 BIGLOBE光 です。光回線の料金やキャンペーン、速度なども含めて下記で詳しく書いています。

【プロ目線】フレッツ光回線コラボとau光!料金が安くておすすめを徹底比較

 

 

WiMAX快適にオンラインゲームをする対策

とはいえ、Wimaxでオンラインゲームをしたい人もたくさんいると思います。そういった方向けに、インターネット通信を速く、かつ安定させる方法があります。

 

代表的なのが、「クレードル」を装着したり、「有線ケーブル」でゲーム機とWIMAXを直接つなぐ方法です。

 

他にも方法がいくつかありますので、より詳細については、WiMAXルーターがネットに繋がらない・速度が遅いときの対策8選  で書いています。よろしければ参考にしてくださいね。

 

オンラインゲームをするならWimaxか光か結論まとめ

対戦系のネットゲームなら確実に光回線にすべき。ネット対戦以外でも、長時間(1日5時間とか)やるなら光。短時間(1日2時間とか)ならWiMAXもあり。確実性をとるなら光回線!

【プロ目線】フレッツ光回線コラボとau光!料金が安くておすすめを徹底比較

 

以上なやつです!またあいませう!

 

Wimaxにしたくて機種に迷っている方はこちら

 

WiMAX以外のWIFiも検討している人はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。