フラトンのひとりごはんの味方

「一人でどこでご飯食べようかな」って思われた方に安くて美味しいおすすめのコスパの良いランチ・ディナーを紹介。きちんと自分の足で行ったお店のみ紹介。後は旅行とかwimaxとか雑記を色々。

食べなきゃ損!秋葉原でやわらかピンク肉の牛かつ壱弐参(いちにさん)!

「人生で一回は食べないと損!」そう言わせる食べ物の一つが『牛カツ』

牛かつ壱弐参

トンカツではなく、牛のかつ!最近ブームが起きたためご存知の方も多いでしょう。

 

そんな『牛カツ』を秋葉原で1番美味しく食べられるお店はどこか?

 

それが、ここ『壱弐参(123と読む)』。

 

ということで行ったときのレポをします。

 

アクセス

秋葉原から徒歩5分ほど。東京メトロの末広町のほど近く。この辺は美味しいお店がたくさんあるね〜。

 

この日は土曜20時前でした。

 

さてお店に着くと「なにこれ、Oh! My God!! ズゴイ行列!!」

牛かつ123外観

 

行ったら15人くらい並んでたー。
階段の下の方まで並んでいて、1時間は待ちました。回転はあまり良い方ではないね。ネットで見てもかなり混み合うみたいです。


(その間にブログ書きまくったり、kindle読んだり捗ったのは秘密。笑)

 

並んでいる人を見るとお客さんの半数以上は外国のひと。「なんでこんな店知ってるんだ?」海外のサイトやガイドブックなどで載っているのだろうか。中華系だけでなく、その他アジア、西洋人も多く来ていた。

 

お店は地下一階にあり、並ぶ時に螺旋階段の途中で並ぶことになる。これが窮屈でけっこう辛い。

 

メニューと注文

そんなどこの国かわからなくなるような国際色豊かな列で待っている間に、店員さん現る。「メニューどうされますか?」。1番スタンダードなお肉130gのとろろ付き(1,400円)をチョイスしました。

牛かつ壱弐参メニュー

外にあったメニューがこれ!たいていが130gの牛カツを頼むみたい。

 

入店

そこからさらに30分以上待ちいよいよ、店内に入ります。

 

ドアを開け、ガラガラ〜。「席はこちらです〜」と若いお姉さんに案内される。ざっと見たところ、一人客は少なく1.2割。休日の夜だからだろう。

少し薄暗いです。

 

店内の8割はカウンター。
一人で入りやすい雰囲気です。

どこかでこの店の感じ味わったなーと思ったら、新宿とかにある「もとむら」を思いだす。公表はされていないが同じ系列なのだろう。

 

料理到着

数分するとお肉の到着ダ!!

牛かつ壱弐参ディナー

 

料理を持ってくる際、「食べ方はご存知ですか〜?」的なことを聞かれる。もし、知らないと答えると、たれの説明や、焼き石で炙れることを説明されます。

 

牛カツにキャベツ、こはん、とろろ、味噌汁、タレが付く。

牛かつ123ディナー

タレは醬油と、特製ソース(わさびソース)、または岩塩をつけて食べます。


お好みに応じて目の前の焼き石で焼く。

 

お茶は卓上にありセルフです。

 

さていよいよ食べるとする。

牛カツは周りはこんがり薄い衣に覆われている。断面を見るとピンク色のレアなお肉。

 

岩塩をつけ、ひとくち口にくわえると、肉の柔らかさとともに、甘さが口に溢れてくる。美味しすぎる。

 

牛100%で中に脂が垣間見えるが、脂っこさはなくさらっと食べられる。

 

好みに応じて、お皿に乗ったたれやわさび醤油をつけて食べる。このたれが美味しい。

 

お肉は130gとなっているが、なぜか肉はあまり少ないとは感じない。ハンバーグとかステーキだったら確実に物足りないでしょう。

 

味噌汁は赤だしでこれも安定の味。キャベツはいい感じの千切り具合。

 

店員さんは若くてバイトな感じかな。接客は普通。


ご飯は麦ごはんで一回お代わり自由。とろろなしは-100円だけど、嫌いでない限り付けるのをお勧めします。

 

床は少しべとついているのが気になるか。あと店内は狭いです。

 

すいてる時間は15-17時くらいで、それ以外の時間に行くのはあまりお勧めしません。

 

牛かつ壱弐参 店舗情報

住所:東京都千代田区外神田3-8-17

アクセス:秋葉原駅徒歩4分 末広町駅徒歩1分

営業時間:

平日は11:00~21:00 (L.O.20:30)

土日祝は10:00~21:00 (L.O.20:30)

一人難易度★★★

男女比=男性6:女性4

 

■関連記事

当ブログに掲載されている画像等の無断転載は禁止です。 Copyright© 2014 フラトンのひとりごはんの味方 All Rights Reserved.