原宿で一番美味しい塩ラーメン「AFURI 」!カフェのような店構えで女子の一人ご飯にも最適!

「原宿でラーメン?」
って意外に思われるかもしれませんが、とっても美味しいラーメン屋さんがこちらのARURI(あふり)さん。
 
わたしフラトンが1番好きなかもしれない塩ラーメンです。(一人でよく行きます)
外観はカフェのような作りをしています。
※2018年5月更新
※もともと目黒が発祥で、いまは新宿にも支店ができています

AFURIの雰囲気

原宿のAFURI(あふり)外観
原宿駅から徒歩3分くらい、坂を登って少し人気が落ち着いてきたところにあります。
女性が一人でも入りやすい雰囲気です。
 
最近女性率が多いラーメン屋が増えていますので、その筆頭格とも言えるでしょう。

AFURIでおすすめのメニュー

AFURIさんに行ったら必ず選んで欲しいのが、ゆず塩ラーメン。まろ味(980円)です。
原宿のAFURI(あふり)の柚子塩らーめん
ラーメンにしては料金が高めですが、デフォルトで味玉が付いていたりするので、納得です。
 
普通の塩ラーメンもありますが、柚子塩らーめんが圧倒的にオススメです。
原宿のAFURI(あふり)の柚子塩らーめん
※レンゲがおしゃれです
 
またチケットを渡す時、「淡麗」か「まろ味」を選べますが淡麗だと薄すぎますのでまろ味がおすすめです。
 原宿のAFURI(あふり) まろ味
淡麗とまろ味は油の量の違いです。
【淡麗】
AFURIの、スタンダードな鶏油量。 きりっと澄んだスープの味をベストバランスで味わいたいときに。
【まろあじ】
淡麗のスープより、少し多めの鶏油量。らーめんのコクと香りを、より感じたいときに。
 
初めて食される方は必ずゆず塩のまろ味にしてください!
 
相当な薄味を好み人は淡麗でいいかと思いますが、まろ味がこのお店の良さが一番出ている味のため、まろ味を推奨します。
今まで勧めてきた知人もまろ味が美味しいと言っています。
柚子塩ラーメンまろ味は、あっさりしていながら柚子の香りの鳥の出汁が合わさってうまみが炸裂します。旨味以外ないというのが正しい表現なくらいうまみしかありません。

AFURIの麺と炙りチャーシュー

麺は柔らかめ細麺。
本当はもっと固くていいと思っていますが十分美味しいので文句は言えません。
 
あふりの店名の由来なのか店内でチャーシューを炙っています。
香ばしく、脂身もちょうどよくこれだけで料理になるくらい美味しいチャーシューです。
肉ごはんも頼みましたが、チャーシューを存分に味わいたいならぜひ食べたいメニューです。
甘めのタレがかかっていてごはんが進みます。
原宿のAFURI(あふり)の肉飯   

その他のメニュー

・らーめん
柚子醤油らーめん(980円)
冷やし柚子塩麺(夏季限定)(1,180円)
・つけ麺
甘露 並盛(960円)
柚子露 並盛(1,060円)
・サイドメニュー
炙りコロチャーシュー飯(680円)
肉ごはん(520円)
タレごはん(280円)
ごはん(100円)
 
男性だとらーめんだけだと足りない可能性があるので、ごはんなどサイドメニューを頼んでもいいかもしれません。
原宿のAFURI(あふり)の柚子塩らーめんとごはん

接客や混雑など

原宿のAFURI(あふり)の混雑
昼の方が混んでいる印象です。並ぶ時は店内でぶわーっと並ぶ感じです。
夜の方が比較的空いていて、土日でなければ並ぶことはほとんどないです。
座席はカウンターのみ。食券制です(入口は言って左手)。

まとめ

柚子塩らーめんは、東京でもトップレベルの塩ラーメンだと思います。柚子塩とつかないものは普通レベルなので注意しましょう。

AFURI(あふり)の店舗情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です