行列店のマーズルー(馬子禄牛肉面)を食べに1人で東京神保町へ

マーズルー神保町牛肉麺

先日日本に初上陸した馬子禄 牛肉面(マーズルーギュウニクメン)に一人でランチの時間帯に行ってみましたので、レビューします!場所は東京都千代田区神保町!サラリーマンや学生が多く通う街です。

実はマーズルー(馬子禄)は中国に50,000店舗以上展開している超有名店らしいです。中国蘭州ラーメンとうのが中国では定番のようなのですが、その中でも特に名店なのがこのマーズルーさんとのことです。

マーズルー普段は行列がすごい

私がマーズルーを知ったきっかけは行列を目にしてから!お昼になると毎日のように10人から数十人ほど大行列が出来ていたので気になっていました。

ただ先日に雨の日の11時半くらいに見かけたところ、まったく並んでいなかったため「チャンス!」と思い入ってみることにしました。

マーズルー店内の雰囲気

馬子禄 マーズルー 神保町

店に入るとかなり奥行きがあり、広い店内。おそらく30席以上はあるだろう広さ。カウンターだけでなく、テーブル席もあります。また外観のイメージより綺麗です。新店!って感じの店内です。

入り口には店員さんが2人立ってくれてます。

この時にいたのは

  • 1人は50代くらいの店長っぽいダンディーなおじさん。
  • もう1人はとても綺麗で可愛らしい10代後半か20代前半くらいのお姉さん。

明るくにこやかに接客してくれました。

マーズルー牛肉麺の注文方法

馬子禄 マーズルー 神保町

先に注文するスタイルのようで、入り口右手のレジでメニューを選びます。テーブルにメニューの選び方が書いてあります。メニューは牛肉麺(価格は880円)だけなのですが、下記から好みを選べます。

  • 麺の種類(細麺、平麺、三角麺)
  • 追加トッピング(パクチー+100円、牛肉+200円)の有無
  • 辛味・パクチーの有無

麺は細麺がスタンダードのようで大半の人は細麺を選んでいました。パクチーと牛肉はもともと入っていますので増やしたい人だけ追加する感じです。

メニューを選んだら、お会計も先に済ませます。その後席に案内され、「紙エプロンいりますか?」と聞かれます。ティッシュも各席に配備されており「ティッシュはこちらからお使いください」と丁寧。

日本用にかなり接客を研究しているのだろうか。好感度大だわ。。

座っていると割とすぐにラーメンが届きました。

牛肉麺の見た目

マーズルー 見た目

馬子禄 マーズルー 見た目

スープは透き通っていて綺麗。でも上に乗ってる赤いやつが辛そう。パクチーやネギが結構浮いています。冷たい緑茶がついていた。たぶんこれは日本独自のサービス。

マーズルー牛肉麺の味

マーズルーのスープ

マーズルー スープ

はっきり言って美味しいです。。今まで食べたどのラーメンとも違う味がします。ベースはあっさりしているのですが、しっかりとスープに旨味が出ています。

ベトナム料理のフォーのスープを濃くした感じとも言えそうです。牛タンを食べる時にセットで付いてくるテールスープにも近い味で、さらにそこから色々なスパイスや旨味が足されて凝縮されているのを感じます。

公式サイトによると色々なスパイスが調合されているようです。

牛骨や牛肉を10種類以上のスパイスと、一緒に長時間煮込んで作ったスープ。牛の凝縮された旨味と薬膳スパイスの香りが食欲をそそります。

http://lanzhou-lamian.com

たしかに薬膳のような香りもしました。なんか知らないですが、やたらとクセになる味でハシが止まりません。中毒性がありますね。さっぱりもしているのでいくらでも食べられそうです。

マーズルーの麺

マーズルー麺

 

麺は柔らかめのもっちりです。軽めの味でこれもフォーに近いかな。麺はいままで食べたラーメンの中で最長クラスの長さです。

どこまですすっても終わりませんでした!笑。私は麺は歯で切らずに、最後まで頑張ってすする派ですが、ここのラーメンは強すぎてそれができませんでした。絡まってるしさすがにちょっと食べづらかったです。

量としてはちょうど良いと思います。普通のラーメン屋さんと同じくらい。

マーズルーの具材

辛味とパクチー

マーズルー 辛味とパクチー

私は辛いのに強くはありませんが、結構辛いと感じました。ただこの辛味があってこそ、この絶妙な旨味が出来上がるのだと思います。

パクチーは細かく刻まれスープにプカプカとたくさん浮いています。思ったよりパクチーの香りは強くなく、苦手な人でも比較的気にせず食べられると思います。

あと少しだけ茹でた大根が入っていました。

牛肉

マーズルー牛肉チャーシュー

2枚チャーシューのように薄切りの牛肉があります。脂身はほどほどに柔らかく調理されていました。味付けはうすめ。牛肉のホロっとした食感と噛むほどに牛肉特有の香りが出てきます。

スープの中にも何切れか(7切れくらい?)細かい角切りの牛肉が入っていました。

 

狙い目の時間帯

昼時はものすごく混んでいるので、オープン直後くらいか、雨の日か、夜を狙うといいそうです。ただし夜になる前に売り切れる場合もあるそうなのでご注意を。

マーズルーまとめ

  • 日本のラーメンとは別物
  • 一度食べたらクセになる味
  • 接客良い
  • 混んでいるのでタイミングを見計らって

帰り際に2人の店員さんからとっても素敵な笑顔で「ありがとうございました!またお願いします^^」と言われてほんわかしました。このあたたかい接客を続けて欲しいな。

あと、今度は三角麺も食べてみたい。

マーズルー(馬子禄)店舗情報

住所:東京都千代田区神田神保町1-3-18
(住所からGoogleマップ検索すると変な場所が出るため以下のGoogleマップリンク)

営業時間:【ランチ】11:00〜15:00【ディナー】17:00〜20:30

1人入りやすさ:★★★★★(1人余裕)

混雑度:★★★★★ (混み混み)

男女比:男6:女4

食べログURL:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131003/13212190/

【関連記事】

神保町・御茶ノ水ひとりランチ!安くて美味しいおすすめごはんBEST18

ラーメンオタクの私が東京23区オススメの本当に美味しいラーメン、つけ麺のみを紹介

東京を代表するカレー特区神保町!欧風からインド、スープカレーまで名店8店徹底比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です