開封後はお早めにお召し上がりくださいを撃退。ジップロックのスライド式を使えばあらゆる食材の消費期限が伸びる

「開封後はお早めにお召し上がりください。」

この文章を日々よく見ませんか?

 

賞味期限や消費期限は「未開封の状態の期限」を指していることが多いです。つまり開封すると消費期限以下の期間しかもたないケースが多いです。※例外はもちろんあり

 

やっかいなことにこの「期限」というものはあっという間で気づいたら過ぎていることが多いです。特に開封済みの食品に関しては消費期限よりも早く駄目になってしまうものも多いです。

 

開封後は酸化が早くなり、すぐに味が落ちたり、場合によってはカビが生えたり腐ってしまったりすると思います。

 

私は期限が過ぎた食品や、調味料を頻繁に捨てていて「とてももったいないな」と日々感じていましたが、あるものを使いだしてからある程度変わってきました。

 

それは皆さんご存知「ジップロック」を使うということです。

すでにジップロックをカレーのあまりなどを入れる目的に使っている人は多いかもしれません。

 

しかし実は用途はいくらでもあります。
 
(記事の最後にジップロックの中で、最もおすすめなやつを紹介してます。)
 
 

ジップロックの用途

f:id:huraton:20160131160516j:plain

ジップロックはパッケージ商品にも使用できます。
 
ジップロックに入れるのにおすすめなもの
  • 牛乳
  • 豆乳
  • ジュース
  • ドレッシング
  • 梅干し
  • 昆布
  • マヨネーズ
  • ケチャップ
  • ソース
  • わさびチューブ
  • しょうがチューブ
  • にんにくチューブ
などなど、あげたらきりがありません。
 
牛乳や豆乳を容器ごとジップロックに入れると未開封に近い状態で保存できるため、記載されている期限まで味を落とさず使用できます。
 
梅干しや、昆布、味噌などもパックごとジップロックで覆う事で乾くことなく、ジップロックしよう前よりも圧倒的に状態が良いまま残すことが出来ています。佃煮昆布のみずみずしさがきちんと持続します。
 
このようにジップロックに入れれば真空状態をキープできるため大幅に腐敗を防げます。
 
 

果物や野菜、お肉にもジップロックが使える

f:id:huraton:20160131155332j:plain

ミカンやイチゴなどといった果物も同様です。
通常の2倍以上持ちます。ジップロックに入れて冷蔵庫に入れてしまえば鬼に金棒です。
 
また冷凍したものでも使えます。
ざく切りにした玉ねぎもジップロックに入れて冷凍すれば一月の保存も可能です。
 
 

食品以外にもジップロックは使える

旅行などに行く際、小物入れやシャンプーが漏れないようにする袋代わり、またその他様々なものを入れるのにジップロックが非常に役立ちます。
 
私は旅行時に5枚くらい持って行って、帰りになにか入れるようにスーツケースの中にジップロックを入れていて、非常に重宝しています。 
 

ちきりん氏もジップロックを推していた

ブログ界では有名はちきりんも、ジッパー付きジップロックをかなりお勧めされていました。

 
 

ジップロック使い方の注意と、おすすめのスライド式ジップロック

しっかりと空気を抜いて使いましょう。
中に酸素が入っていると内容物の酸化が早まってしまいます。
 
私が使っているジップロックはスライド付きのタイプです。普通のチャックのものよりやや高いですが、開閉が非常に楽なのでお金に換え難い価値があります。
 
お店にはスライド付きのものがあまり売ってないということと、値段もAmazonが一番安いのでAmazonでまとめて買うことが多いです。大きいサイズであれば、牛乳などを含めて何でも入るので、ジップロックは大きいタイプが便利です。
 
 
そんなに大きいものは入れないという方は、Mサイズのジップロックがおすすめです。

スライド付きは高いので、スライドがついていない普通のジップロックがいいという方はこちらをどうぞ↓

 

 

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です