東京で最も有名なミート矢澤の牛肉ハンバーグランチは本当に美味しいのかレポートする

ミート矢澤のハンバーグ

「ミート矢澤」

テレビなどでもちょくちょく出ているためご存知の方も多いかと思います。東京都内でハンバーグのかなりの有名店ゆえにいつか行ってみなければと思っていました。

今回、「五反田」近くに行く機会があったため、日曜のランチにミート矢澤さんに行ってみました。もちろん一人で。結構厳しい目線でレビューさせていただこうかと思います。

A5ハンバーグを1000円台で食べられるとあって、食べログでは1000件以上の口コミがあります。

Rettyでも大量の口コミがありますね。

 

f:id:huraton:20160120181753p:plain

 ※待ち席に椅子とウォーターサーバーがある。。

 

アクセス

場所は五反田駅から徒歩数分。JR山手線だと西口から徒歩5分、都営浅草線からだとA2出口が一番近いです。

 

ミート矢澤の混雑度合

11時15分オープンと調査済みだったので、11時にはお店に着くように向かいました。ちなみに土日。

「まあ並んでいても数人だろうなあ」と思って余裕をかましつつ店舗に近づくと、

f:id:huraton:20160120181735p:plain

ヘイヘイヘーイ!笑

完全に舐めてました。すでに20人以上のウェイティング。んー、お店が遠く見えますね。※左側の電信柱があるところがミート矢澤です。

しかし11時15分のオープン時間になると一気にお客さんがお店に入り始めたため、結局15分もかからずに店内に入れました。店内が広いのも寄与しているのもしれません。食べログによると回転が早いとのことでしたがその通りみたいですね。

店内に入ると順番にオーダーを聞きにきます。ちゃんと順番通り来るのでせかすのは止めましょう。ちなみ私のところまでオーダーに来るのがさらに5分以上かかりましたけどね笑

追記
後日、雨の日の平日の13時過ぎに行ったところ待ちなしで入れました。平日雨が狙い目かもしれません

 

ミート矢澤のメニュー

今回注文したのは「黒毛和牛100%フレッシュハンバーグ(税抜1,800円)」にお肉ラージサイズ(500円)+目玉焼き(130円)で計2,084円(税込)。ランチにはライス、サラダ、味噌汁がついていますが、それでも「結構良い値段するな~」という印象。

MEMO
ご飯は大中小選択可能です。中でもそれなりの量があります。

f:id:huraton:20160120181725j:plain

ただ、平日ランチの「フレッシュハンバーグRegularサイズ」なら1,200円ですのでお手軽です。平日と比較し、土日ランチは1割ほど高い料金になっています。

 

f:id:huraton:20160120182049j:plain

壁には産地が分かるようなものが張られていました。

一人客は結構いましたので気にせず入ってください。簡単ではないかもしれませんが、若い女性1人もいました。席はテーブル席のみです。私は1人でご飯を食べる若い女性はありだと思っている人間です。

お店として、ハンバーグの焼き方のおすすめはミディアムレアで、大抵の方がミディアムレアを注文するらしいですが、私はあえてレアを注文しました。

 

フレッシュハンバーグ登場

料理が来るまで待つ事20分ほど。結構長い。。

まずはサラダ。

具材は大根ベース、にんじん、レタス、パプリカが入っています。それに玉ねぎとにんじんベースのドレッシングがかかっていました。自家製ドレッシングっぽいですね。ドレッシングは普通に美味しい。

f:id:huraton:20160120181921j:plain

 続いて味噌汁がきます。

かつおぶしがものすごい聞いています。味噌汁というよりだし汁です。味噌の味は見た目ほど濃くないです。のどが渇く味噌汁です。

 

いよいよ主役のハンバーグが、

f:id:huraton:20160120182209j:plain

来ました!

見た目は割と普通です。外はこんがり。

店員さん曰く「ソースはかけずにつけてお召し上がりください」とのこと。もやしの上にハンバーグが載っている。焼きすぎ防止とボリュームを出し、見た目を豪華にする効果があるのでしょう。

 

早速お箸で割ってみると

f:id:huraton:20160120182424j:plain

ジュオオーー!!肉汁と共に真っ赤なハンバーグが「こんにちは!」します。まずはそのままで食べてみます。お肉がトロリとかなり柔らかい。塩コショウなどはほとんどかかっていません。純粋な肉の味。筋が全然ない。ジューシーさが良い感じ。

しかし肉のうまみ的なものは、牛100%の割に想像よりも少ないかも。次に塩コショウを付けて食べました。やっぱりつけたほうが美味しい。

MEMO

お肉のミンチは細かめになっており、よくある粗挽きのハンバーグとは違います。ちなみに私は粗挽きが好き

 

次に特製のソースにお肉をつけて食べてみます。醤油ベースのタレなのですが、このソースが結構変わった味で、野菜が溶け込んでいるようですが、別途アルコールの味もだいぶします。赤ワインかな?

正直このソースはクセがあるので、人によって好みが割れそうです。個人的には微妙でした。デミグラスやトマトソースもあるのでそちらの方が良さそうです。夜は倍くらいの値段がするので今度もランチかな。

今回焼き方でレアを選びましたが、本当にレアでびっくりしました。ただ鉄板で加熱すれば焼き色を付けれますよ。ラージサイズの場合は大きさがあり中に火が通りづらいため、特にレア感が増して提供されるようです。初めての方はミディアムレアを推奨します。

 

モッツァレラトマトハンバーグも食べた

後日、リベンジということでトマトソースバージョンも食べてみました。サイズはレギュラーサイズです。通常のフレッシュチーズハンバーグよりは+150円します。

あっつあつの状態で来ましたが、チーズは思ったほどとろけていません。

早速カットします。

焼き加減はお店お勧めのミディアムレア。

中はいい感じの焼け具合です。

 

トマトソース

酸味のあるソースでリゾットに入ってそうなイタリアンなソースです。思ったよりコクがあり濃厚です。 少しどろっとしていて、粘度は高め。

量はたくさん入っています。鉄板にかけると飛んで大変なことになるので、つけて食べます。

「パクリ。」美味しい。前回の醤油ソースより合います。

が高級ハンバーグを食べているという実感にはならずジャンクな感じがします。

矢澤ミートの焼き加減はレアよりミディアムレアの方が美味しいですね。ちなみに私はレア大好き人間ですよ。

鉄板は常にあっつあつです。お肉が常に暖かい状態で食べられるのはいいですね。ソースも鉄板の上の受けザラに乗っているので、暖かいまま。 舌ヤケドするけど。

つけあわせのマッシュポテトは滑らかで甘いです。ズッキーニはシャキッとしていて美味しかったです。産地もこだわっているみたいでした。

ミート矢澤 店内の雰囲気

全席テーブルです。木目な感じで少し照明は落とし気味になっています。

4人のボックス席は広いですが、2人向けのテーブルは横の間隔が狭いです。

接客対応

店員さんはかなりたくさんいます。20〜30代と若い人が多いです。

基本的に接客はしっかりしてる感じですが、ただ飽くまでバイトでまあまあと行った感じ。

気になるところ

おしぼりはしっかりしたのを出してくれるはありがたいですが、紙エプロンも提供してほしいです。 膝にかける紙はあるので、これを上着の首の部分にインすれば肉汁とかソースの飛び散りを防げるっちゃ防げるけどね。

 

まとめ

店に入るまでに待ち、注文してからも待つので、食べ終わるまでにトータル1時間いないでは収まらないと思います。もちろん味は美味しいですが、そこまで待つほどかというと疑問かもしれません。

 

味だけで比較しても、個人的に巣鴨の「グリルK」、静岡県西部地区にある「さわやか」、博多市天神の「極味や」に軍配が上がると思います。

念のため、今度デミソースチーズ乗せのミディアムレアでさらに検証しようと思います。

 

なお、ネット通販もしており

肉好きの肉好きによる肉好きのためのwebショップ|極肉.com

で冷凍ハンバーグを一個900円から購入可能です。私も4個セットくらいのやつを買ったことあります。ただ記載されていた調理方法ではお店で食べるようなレア具合にはなりませんでした。家でレアで食べるのはあまり推奨されてないんでしょうか。

 

ミート矢澤のアクセスなど詳細情報

※右にスライドで詳細がみれます

住所 東京都品川区西五反田2-15-13 ニューハイツ西五反田 1F
アクセス JR「五反田駅」西口徒歩4分 都営地下鉄 浅草線「五反田駅」A2出口徒歩1分
営業時間 [平日] Lunch・11:00~15:00 (L.O.14:00) Dinner・17:00~23:30 (L.O.22:30)
[土日祝] Lunch・11:00~16:00 Dinner・16:00~23:30 (L.O.22:30)
電話番号 03-5436-2914
お一人様率 10%(平日は30%くらい)
男女比 男6:女4
食べログ ミート矢澤 (ミートヤザワ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です