【2019】台北・中山でおすすめ朝ごはんをブログで紹介【穴場】

台北でおすすめの朝ごはんっていっぱい紹介されてるじゃない。

でもだいたい混んでるよね!

朝食で階段まで並んでる!ってどういうこと!!

旅行中はなるべく時間を有効に使いたい!という方に向けて

今回は台北の中山エリアで

  • 混んでいない
  • 美味しい
  • 安い

ということで2つの店舗に絞ってこのブログで紹介していくぞ!

台北・中山でおすすめ朝ごはんをブログで紹介

台北・中山の朝ごはんにお店はずばりこれ!!

  • 世纪豆漿大王→薄味が好きな人
  • 世界豆漿大王→濃い味が好きな人

どっちも自分で行ってみたのでおすすめ朝食メニューや行き方を紹介するよ。

世纪豆漿大王

雙連駅から徒歩1分、中山駅から徒歩7分の場所にある「世纪豆漿大王」

豆乳や揚げパンと言ったいわゆる台北の朝ごはんが食べられるお店だ!

入るときけっこう緊張したが、入ってみるとウェルカムな感じだったので安心した。

朝食メニューはこんな感じ

日本語!

ちゃんと「日本語メニューください」というともらえるよ!

たしか普通に日本語で言ってもある程度通じた気がする。

注文のときはもらった紙に数字を書けばいい。簡単だ。

8.鹹豆漿(塩からい豆乳)と22油條(あげぱん)はド定番。

順番に解説する。

 

・鹹豆漿(塩からい豆乳)

非常にあっさりしていて体に染みわた〜るスープ。体中の悪いものが全て出ていきそう。

薄味なのにそんなに物足りない感じはしなかった。

ほんのり豆腐の固まりが入っているが、ふんわりと半分液体のような感じ。

具はほとんどない。

ちなみに豆乳苦手という方もいるかも知れないが、安心してほしい。

豆乳っぽさはない。どちらかというと普通のスープみたいな味だから。

台湾の朝ごはんの定番ということもあり、ほとんどの人が注文していた。

 

油條(あげぱん)

こやつを豆乳スープに足して食べるといい感じ。

揚げパンの脂身があっさりとした豆乳に合う。

このパンはみんながイメージしているようなもっさりとしたものではない。

かるくてさっくりしている。かりっとはしていない(わかりづらい)

サイズの割にお腹に溜まらないので、食がどんどん進むぞ!

 

これはなにか忘れたがシャオピンか何かだと思う。

焼き立て(あげたて?)で外サックリ、中しっとりだったぞ。

中には似たみたいなやつが入っていた。

 

行ったときは空いていた(8時くらい?)が、帰りは混んできたので早めに行ったほうが良いと思う

とはいえ、他の行列店よりは断然空いていて待つことはほぼないが。

朝ごはんは持ち帰り客もけっこう多いぞ。

店内はテーブルだけで、おしゃれさは微塵もないけど清潔には保たれている

THE食堂って感じ。買ったら好きな席に勝手に座る感じ。

台湾はこんなお店が多いので慣れれば問題ない。

かなりおすすめのお店だ。

店舗情報
  • 店舗名:永和世紀豆漿大王
  • 住所:台湾台北市大同區萬全街16號
  • アクセス:雙連駅から徒歩1分、中山駅から徒歩7分
  • 営業時間:4:00~11:30 16:30~21:30(無休)
  • ひとり入りやすさ:★★★★

 

世界豆漿大王

知名度的には世纪豆漿大王よりも、こっちの「世界豆漿大王」が有名かもしれない。

台湾の中ではけっこうしっかりした味付けの朝ごはんが食べられるお店。

個人的にはこっちのお店のほうが好みだった。

場所は雙連駅から徒歩8分、中山駅から徒歩10分

ほんとローカルな場所にある。だからけっこう空いてた。

メニューはこんな感じ。

だいたいなんでもある。

だからか勢い余って頼みすぎた。

やりすぎて、見るからに朝ごはんって感じではない。

 

・鹹豆漿(シェントウチャン)25元

世纪豆漿大王より明らかに味が濃かった。

辛味もピリッとあって、かなり好みの味だ。

メニュー表によると「豆乳に干しエビ・揚げ・ゴマ・肉・高菜が入って醤油で味付けしたもの」とある。

コクが感じられてよかった。必ず頼んでほしい。

 

・ツォンタンピン(ネギ入り玉子クレープ風)30元

しょっぱいクレープだ。

香ばしくパリッと焼かれた記事の中にしょっぱいネギと玉子が入っていて、なかなかイケる。

スイーツ感はまったくなく、完全にお食事メニュー。

朝ごはんとして定番の人気メニューらしい。

 

・小籠湯包(シャオロンタンパオ)80元

いわゆる小籠包(ショーロンポウ)。

とてもジューシー。あつあつ。

汁がしっかりした味付けで出汁もしっかり出ている。

はっきりいってわたしは鼎泰豊(ディンタイフォン)より美味しいと感じた。

言い過ぎだと怒られそうだが。

 

・肉包(ローパウ)25元

見ての通りかなり大きめ。

ふかふかの生地がたまらん。

中のお肉も甘い味付けで食が進むやつ。

熱々を召し上がれ。

急いでいるときにテイクアウト用の朝食としてで買っても良さそうだ。

 

さて色々食べてわかった。おそらくこのお店なに食べてもうまい。

本当は制覇したかったけど、流石に無理なのでこれくらいにしておいた。

店内は永和世紀豆漿大王と同じように食堂感あふれるテイスト

まあでも普通に清潔だし問題ない。

朝食の時間帯はけっこう空いていたが、時間帯によっては混むのだろうか。

回転数は早そうなのですごい待つとかはなさそうだが。

なお日本語は通じないが、雰囲気で行ける。

日本語メニューもあるし、片言程度ならなんとなく理解してくれた。

接客も普通に良かった。

店舗情報
  • 店舗名:世界豆漿大王
  • 住所:台湾台北市林森北路310巷27号
  • アクセス:雙連駅から徒歩8分、中山駅から徒歩10分
  • 営業時間:6:00~11:30 18:00~23:30(無休)
  • ひとり入りやすさ:★★★★

まとめ:台北・中山でおすすめ朝ごはん

とりあえず台北・中山エリアの朝ごはんなら、この2つに行けば後悔することはないと思う。

前者の世纪豆漿大王はあっさりあたたまる〜!という感じだが、

後者は世界豆漿大王うまっ!という感じ。

あくまで個人的な感想です。

いずれのメニューもできたて熱々が食べられるので、とてもよい。

食べすぎても500円とかそれくらいしかかからないので、お財布にも優しい。

ホテルで朝食が用意されていない当人の参考になれば幸いである。

実際に台湾旅行をして思ったのが、意外と早朝からやっているお店って少ないので。