フラトンのひとりごはんの味方

「一人でどこでご飯食べようかな」って思われた方に安くて美味しいおすすめのコスパの良いランチ・ディナーを紹介。きちんと自分の足で行ったお店のみ紹介。後は雑記。

大戸屋メニューのオススメをあげてみる

大戸屋(おおとや)によく行くので、健忘録を含め、ハズレのないおすすめのメニューをまとめてみます。そもそも大戸屋にハズレはほとんどないのだけど。

 

チキンかあさん煮定食

大戸屋チキンかあさん煮定食

859円(税込)。

名前が斬新ないかにも家庭的なこの商品。個人的にご飯がススムメニューナンバーワン。衣をつけたチキンを土鍋で柔らかく煮込んでいる。グツグツと煮立っている状態で到着する。

 

土鍋が熱々のため、時間が経っても冷めることはない。取り皿が出てくるので、暑いのが苦手な人はそこで冷まそう。

 

チキン以外の具はたくさんのおろしとなめたけ、あとはジャガイモ、人参、玉ねぎが入っている。


たれはめんつゆベースで甘みのあるたれ。日本人でこれを嫌いな人はまずいなそう。味は濃いめなのでご飯がバクバクいけます。ボリュームも十分。

 

鶏と野菜の黒酢あん定食

大戸屋鶏と野菜の黒酢あん定食

861円(税込)。

大戸屋が誇る大人気メニュー。だいたい1位か2位になっていることが多い。
粘度の高い甘酢で具一つ一つが絡められている。メインは鳥の唐揚げで、カリッとした食感も残しつつ、甘酢によるまったり感も味わえる。中はジューシーで柔らかい。

 

他には人参、ナス、皮付きじゃがいも、ピーマン?が入っている。これらの具も軽く揚げられており、香ばしさを感じる。またさっと揚げられているため、やさいの食感を残したまま食べることができる。

 

絡められた甘酢は、甘さと酸味が絶妙の具合で、甘酢が別に好きでない人も虜にしてしまう可能性がある恐ろしいやつだ。

 

真だらと野菜の黒酢あん定食

大戸屋真だらと野菜の黒酢あん定食

881円(税込)。

上記メニューの鳥の唐揚げ部分を魚にしたバージョンである。白身であるマダラを大きめに使用している。周りは衣をつけてカラッと揚げられている。

 

中はホロリと柔らかく、魚の味自体は淡白ながらも、衣の甘さ、香ばしさと甘酢の酸味が合わさって、物足りなさはほとんど感じない。魚料理であるのにご飯がススムありがたいメニューである。
実はこちらもなかなかの人気商品である。魚派には断然こちらをお勧めする。

 

チキンの味噌かつ煮定食

859円(税込)。

こちらも土鍋商品。

コクあり濃厚な赤味噌を使ったスープに、さくっと揚げたチキンがたくさん入っている。チキンはかあさん煮と同じ種類のもの。チキンのその上には半熟の卵が落とされている。

 

これを混ぜてチキンと絡めると、まったりと濃厚な、また別の美味しさを味わえる。

昔はチキンではなく、とんかつを使ったメニューもあったがなくなっている模様。

 

野菜は玉ねぎと水菜が気持ち程度入っています。土鍋のため、舌のやけど注意

 

彩り野菜と炭火焼きバジルチキン定食

f:id:huraton:20170709152102j:plain

885円(税込)。

お肉を使ったメニューで最もヘルシーなものの一つ。
炭火焼き、無駄な脂を落としている。カリッとしたチキンにバジルソースがかけられている。このイタリアン風のソースとチキンがよく合う。チキンもヘルシーながら皮が付いており、パリッと香ばしいので物足りなさはほとんと感じない。

 

その下には盛りだくさんの野菜が入っていて健康的。キャベツがメインで、レタス、ブロッコリー、きゅうり、トマト、水菜、カボチャなどが入っている。
注文する人をよく見かけるのでけっこう人気が高いはず。
ご飯は無料でひじきご飯を選べる特典も付いている。

 

大戸屋ランチ

699円(税込)。

大戸屋で最も安いメニュー。ランチと書いてあるが、夜も注文できる。

 

メインは鳥の唐揚げ。か片栗粉がしっかり使われており、カリッと揚げられている。中は柔らかくジューシー。下味もしっかりつけられている。

 

おろしが添えられているのでさっぱりすることもできる。地味に、この唐揚げはかなり美味しいと思っています。

 

他にはカレー味のコロッケ、千切りキャベツ、目玉焼き、トマトが付く。比較的軽く食べたい方はオススメのメニュー。

 

しまほっけの炭火焼き定食

965円(税込)。

大ぶりなほっけ。炭火でふわふわに焼き上げられており、魚本来の脂も残っていてジューしー。添えてあるたくさんのおろしに醤油をつけていただくとアクセントになっていい。 いつも大戸屋のおろしは少し苦いのが気になるところ。

 

最初に背骨を丸ごととって仕舞えば食べるときにあまり邪魔にならないのもいい。

焼き魚の定食は基本的に、わかめ、ひじきの煮付け、切り干し大根がつく。

 

沖目鯛の醤油麹漬け炭火焼き定食

大戸屋沖目鯛の醤油麹漬け炭火焼き定食

皮がこんがり香ばしく焼き上げられた沖目鯛に、濃厚な醤油麹が合わせられている。


この醤油麹も炙りが入っており、絶品です。うまみ、コクが前面に出ている。もっとたくさんのせて欲しい。

白見ながらも魚に脂がのっている。今はもうなくなってしまったのが残念。

 

野菜のせいろ蒸しとたっぷり野菜の麦みそ汁定食

大戸屋野菜のせいろ蒸しとたっぷり野菜の麦みそ汁定食

885円(税込)。

野菜がとにかくたっぷりの新作メニュー。大戸屋でたぶん1番野菜が取れる。
品数が多く豪華である。せいろ蒸しはヘルシーに野菜が調理されている。

 

メインの食材は豚肉とたくさんのキャベツ。これらを甘めのピーナッツが入ったソースをつけて食べる。このソースが意外とご飯に合う。

 

麦味噌汁はきのこ、大根、にんじん、白菜などがどっさり入っている。
味噌は粒感が残っていて、田舎っぽい味噌汁の食感を味わえる。味は割と濃いめでごはんもこれでけっこういける。

めかぶや冷たく仕上げた茶碗蒸しもつく。

 

さらに手作りっぽい感じで、甘さ控えめのぜんざいも付いており、お得感がある。これだけで1日分の野菜野菜が取れそうなほど、野菜づくしの一品である。

 

まとめ

肉、野菜、魚と様々なメニューを紹介してきました。体にいいメニューも多く、具のボリュームがしっかりしているので大戸屋おすすめです。

 

男女ともに一人客もそれなりにいて、入りやすい。また、地域によっては若い人だけでなく、シニアの方も多く来店する、まさしく老若男女に対応したお店といえます!

 

ちゃんちゃん

当ブログに掲載されている画像等の無断転載は禁止です。 Copyright© 2014 フラトンのひとりごはんの味方 All Rights Reserved.