【旅レポ】立山アルペンルートでおすすめのひとりランチ

東京駅から始発の北陸新幹線を利用し「富山→長野」の片道ルートで日帰り観光に一人で行ってきました。

道中食べたランチやディナーやおすすめの周り方などを紹介します。

通った大まかなルートとしては「東京→富山→立山→室堂(しつどう)→黒部ダム→長野→東京」です。

富山から長野までは都度精算不要なまとまった切符が販売されています。事前に早めにWEBで買わないと売り切れてしまうので必ず買っておきましょう!

北陸新幹線で立山アルペンルートへ

東京駅から北陸新幹線の始発の次のダイヤに富山駅まで乗っていきました。

「どっちのほうが景色が綺麗か?」気になる人もいるでしょう。

実際に乗った感想としては、右側に座ったほうが景色が良いと思いました。

その後、富山駅からは立山駅まで電鉄富山という別の列車に乗ります。これが1時間に1本程度しかないので要注意です。

すごい揺れる列車でした。

途中映える景色もあり撮り鉄の人がけっこういましたよ。

あまり差はないですが、景色は左側の席のほうがやや景色が綺麗です。

立山駅からみくりが池の行き方

立山駅からはケーブルカーに乗ります。

駅に着くとみんな一斉に向かうので迷うことはないと思います。

ケーブルカーは乗れる人数がけっこう限られているので早めに行った方がいいです。早く行った方が座れますし。

自分は座れませんでした。とはいえそんな長いこと走らないですけどね。

その後バスに乗り換えます。バスは全員座れますし、人数が多ければそれに応じてバスが来ます。

行き先は室堂行きとそれ以外がありますが、宿泊者以外は室堂行きを選ばないと時間が足りません。

時間があっても一度バスから降りると面倒なので室堂行きを選ぶことをおすすめしますが。

バスからの景色も非常に綺麗です。途中滝があるところはゆっくり運転してくれたりもします。

景色は左のほうが綺麗なので必ず左に座りましょう。

 

次第に山に近づいていきます。ワクワクしますね。

バスに降りると室堂に着きます。

室堂ターミナルという3F建の建物が目の前にあるので、その中にお土産屋だったり、レストランだったりがあります。

ルートの先に進むためには室堂ターミナルの最上階に行きそこから歩き始めます。

私は建物の2Fにあるそば屋を利用しました。

立山アルペンルートのおすすめ一人ランチ

立山そばの「白えびかき揚げそば」

室堂の真ん中の建物にある(というか近くに他に建物はありませんけど)立ち食いの蕎麦屋です。店内はけっこう狭いので注意。

さくっと食べられるので急いでいるときにもおすすめです。

こういういかにも観光の移動途中にあるような蕎麦屋は味がいまいちなのですが、この立山そばは普通に美味しかったですね。

名物の白えびかき揚げそば(1,100円)をチョイス。

立ち食いにしてはかなり高めですが、白えびは富山の名物なのでこれにしました。

山なのでどうしても材料を調達するのにもコストがかかりますしね。

お値段がするだけあってえびがしっかりと入っていました。

麺も蕎麦つゆも期待していたよりレベルが高かったです。

冷え切った体にあつあつの汁がしみました。

喫茶みくりの「えんま様のホットピザ」

みくりが池温泉にある建物の中に喫茶みくり、レストランみくりという2種類の飲食処があります。

私は喫茶みくりを利用。

  

店内は落ち着いた雰囲気。けっこう広い。中は暖かいです。

外のベンチで食べている人も多かったですね。

というか店内とテイクアウト専用の窓口どちらでも購入できるため、店内の入口がわかりづらく入れるのを知らない人も多そう。

店内に入るためには建物の中にいったん入り、靴を脱ぎ、廊下を進み左手にある部屋に入る必要があります。

 メニューは食券機で選ぶ形式。

みくり喫茶はスイーツやピザなどの軽食メニューが並びます。

人気なのはチーズケーキとピザ。

隣で食べていた少年は「チーズケーキ美味しい!」と言っていましたよ。

今回私は喫茶みくりのえんま様のホットピザハーフ(550円)をチョイス。

おねえさんに食券を渡すと、これから焼くので10分(15分だったかも?)ほどかかりますと言われました。

こちらがピザ。

思っていたよりサイズが小さかったので一人でもハーフではなく通常サイズでもいいと思います。私は直前で蕎麦を食べていたので余裕で満腹でしたが。

受け取り口に辛いソースが何種類か置かれているのでお好みでかけていただけます。

少しかけてみましたが、けっこう辛かったので注意してください。

ピザの生地はうすめのクリスピータイプで、手作り感あふれる感じでした。

これだけ標高が高い山小屋で焼きたてのピザが食べられるのはたしかここしかないので、かなり貴重な経験。

 

ちなみに隣にはレストランみくりがあり、メニューが異なります。

白エビを使ったメニューもいくつかあるのでこちらも良さそう。店内を見た感じもかなり広かったです。

思ったよりも混んでいなかったし。平日だったのもありますが。

室堂、みくりが池散策、そして温泉

実質的に立山アルペンルートの大半は室堂での観光といっていいです。

室堂にはいくつかの散策ルートがあり、初心者向けのものから上級者向けのものまで幅広くあります。

私は日帰りだったので、1時間くらいで周れる初心者向け(みくりが池コース的な名前)のやつを選びました。

途中で日帰りのみくりが池温泉に入ってみましたが良い湯でした。白濁色のお湯でしっかり熱く、硫黄が香る良い湯でした。

外にはエンマ台のやつかな?地獄谷の様子も少し見えましたよ。

たしか日本一高所にある山小屋の温泉だったと思います。

温泉+散策で1時間半くらいかかりました。

散策途中はみくりが池もバッチリ見えます。

 

エンマ台です。

私はスニーカーで行きましたが登山靴の人がほとんどでしたね。

私は登山靴も持っていますが、初心者向けのコースだったら正直登山靴である必要はないと思います。舗装された道しか歩きませんでしたので。

道案内が若干不親切なので間違えて違うコースに入らないようにしましょう。みくりが池から大きく離れる場所や傾斜が激しいところは違うコースである可能性があるので間違えたと思ったら早めに引き返しましょう。

室堂〜大観峰〜黒部ダムへ

室堂ターミナルに戻ると、大観峰へ行くバスやらケーブルカーがあるので向かいます。

大観峰は必ず通るのですが、素通りする人も多かったです。

でも私は時間が余っていたので見に行ったのですが、見てよかったと思いましたね。

室堂とはまた違うすごい景色です。

 

その後ロープウェイで黒部平へ

 

その後黒部ダムへ

黒部ダムは正直期待していなかったのですが、とてもすごかったです。

ダム以外にもこんな感じで大自然に囲まれていて壮大な景色でした。

 

こちらがかの有名な黒部ダム。

写真だと伝わりづらいですが、スケール感がすごい。みずしぶきがこちらまでやって来る勢いです。

展望台は低いところと高いところの2ヶ所ありますが、高いところはかなりしんどかった割にほどほどの景色だったので低いところにしておいたほうがいいです。

すでに立山アルペンルートでみなさん疲れ切っていると思うので特に。

人もあまりいなかったのが物語っていました。

黒部ダム以降は基本トンネルとかなのであまり見所はありません。

一応電気で走るトロリーバスというのが珍しかったので、好きな人には面白いかもしれません。

長野駅のおすすめ一人グルメ

帰りは長野駅か信濃大町を利用する人がいると思います。

長野駅でせっかくなので時間がある人はなにか食べて行くといいでしょう。

時間がない方はMIDORI長野という駅直結のビルがあり、その2Fに長野っぽいレストランが3店舗ほどあるのでそちらがおすすめです。

一番のおすすめは長野県で有名なソースカツ丼の明治亭ですが、以前に木曽駒ヶ岳と阿智村におすすめのごはんと宿を紹介で紹介した通り、利用したことがあったので、「グリルザブッチャーNAGANO」という信州産ビーフを使ったステーキ屋さんに入りました。

若干躊躇しましたが、カウンターもあったので一人でも余裕でしたね。

 

メニューはこんな感じ

せっかくなので信州牛がいいなあと思っていたのでさすがに高すぎて手が出なかったので、普通のステーキ(2,100円のサーロインステーキセット)とドリンクをチョイス。

なかなか良い焼き色です。

和風のソースとの相性がよかったですね。

疲れた体にお肉がしみわたる。

接客も非常によく快適に過ごせました。

立山アルペンルート日帰りは可能?

最初に心配だったのが東京から「日帰りで行けるのか?」ということ。

実際行ってみて、頑張れば片道ルート(富山→長野)であれば普通に行けることがわかりました。

ランチやディナーを普通に食べて、みくりが池温泉にまで入ったのに、最終便の1~2本前くらいで帰ってくることができましたよ。

ただし以下の場合は難しいと思います。

  • 片道ではなく往復する場合(みくりが池までであれば往復も可能ですがそれ以上行くと厳しいかと)
  • 混雑している日に行く場合
  • 早い時間でない新幹線で行く場合

私が行ったのが10月の平日だったので、ロープウェイもバスもスムーズに乗ることができました。

急ぐことで精神的に余裕がなくなるとは思いますので、どこかで1泊はした方が良いでしょう。

一番のおすすめはみくりが池の近く、無理なら立山駅付近、それも無理なら富山駅付近の宿泊です。

立山アルペンルートはリピート客が多くとても魅力的な観光地なのでぜひ一度行ってみることをおすすめします。