白子温泉でおすすめの旅館「ささ遊」に泊まった感想

千葉県の茂原の近くにある白子温泉。そこで口コミで人気の宿ささ遊に泊まってきたので正直な感想をレポートするよ。

ささ遊の部屋

スタンダードの和室を選んだけど、けっこう広い部屋だった。

新しいということもあり、内装も綺麗で落ち着いていて良い感じ。

 

洗面所やトイレも綺麗。

満足度の高い部屋だった。

ささ遊の料理を評価

夕食メニュー

会場は仕切りが個別についているため落ち着いて食べることができる。

以下がコースの献立表。

品数はかなり多い。

 

かなり豪華な刺し盛りだった。

 

左にあるのはわさび。

自分ですりおろすスタイルで面白い。なかなかできない体験だ。

 

魚の説明が神でされていて非常にわかりやすい。

提供されても何の魚かわかないことがよくあるので、こういう配慮は嬉しい。

 

かなりのボリュームの魚の煮付け。

 

見ての通り和食のメニューが大半でどれも素晴らしかった。

出来立てを1品1品提供されるのも嬉しい。

量も十分すぎる。お腹がかなりいっぱいになった。

 

朝食メニュー

朝食は和食で体に優しいものばかり。

湯豆腐やサラダ、卵焼き、おひたしなど。

変わっていたのは朝からマグロが食べられたこと。

 

あとは焼きたてのアジが提供されたこと。

魚に力を入れている感じが伝わっていいね。

夕食同様に満足のいく朝食だった。

 

ささ遊の露天風呂に入った感想

貸切の露天風呂が5つほどあり、実際に行って空いていれば自由に入ることができる。

部屋数が多くはない宿なのでどこかしら空いていると思う。

私が行ったときは半分以上が空いていた。

入口の様子。

ここから各露天風呂へと行ける。5つの風呂共に横に並んでいる形になっている。

各部屋に鍵がついていて空いていれば各自入るスタイル。

 

 

各風呂ごとに名称がある。

お風呂ごとに洗い場もついているのでそこで体を洗えた。

 

こんな感じで地平線の海の景色を見渡すことができた。

コンパクト目ではあるが、プライベート空間が保たれてゆったりつかれる。

お湯はさっぱりとした感じで透明。お湯はけっこうあつい。

気になったのはかなり寒いこと。

春に行ったせいもあるけど、目の前の仕切りの隙間から風がかなり入り込むので、体を洗っているときはかなりしんどかった。

特に一番右のお風呂が特に寒い。

 

なお風呂は種類があるのもののほとんど違いはなかった。

お風呂の見た目も景色もほとんど変わらないので、1〜2ヶ所利用できれば十分満足できる。

逆にいうとすべてコンプリートする必要がないので、混雑とかを気にしなくていいのがメリットかもと思った。

まとめ

周辺の観光地は海を見るくらいでそこまで目立つものはない。

それゆえに週末に1泊を旅館でゆっくり過ごしたいという方にはおすすめしたい。